記事

「原発から見えたこの国のかたち」を読む

「原発から見えたこの国のかたち」(鈴木耕・リベルタ出版・単行本)を読みました。ウェブ上の週刊誌「マガジン9」に連載したコラムをまとめたもので、著者はあとがきで「この本は、研究者でもジャーナリストでもない、普通の一市民の記録である。」と述べています。しかし著者は、れっきとした編集者でありライターです。言わば一市民の目線で継続的に原発問題を論評してきた集大成として「この国のかたち」が見えてきたレポートです。

ですから大上段から原発問題を斬って見せるというよりも、昨年3月の「フクシマ」以来の私たちが経験してきた、恐怖と不安と疑問の連続から「この国はおかしい」と気づくに至る過程を、ほぼ忠実に再現しています。だからこそ、「原発マフィア」によって日本の統治と経済がいかに歪められ醜悪な形になっているかを、鮮やかに浮かび上がらせてくれるのです。

内容は、
①原発さえなかったら……
②原発と想像力
③原発はいらない20の理由
④原発事故と被曝
⑤原発マフィア
⑥原発と政治家
⑦原発とメデイア

の7章からなっています。中でも原発はいらない20の理由は、私たちがこの一年半の間に、さまざまな経路で学んで現代の常識としてきたことの総決算と言えるものです。

どこから見ても救いようのない誤算の産物である原子力発電を、いまだに産業の支柱と信じ込んでいる、あるいは信じ込ませたいと思っている人たちがいることは驚きですが、本人たちはそれほど深く「原発マフィア」に組み込まれ、その中で生きてきたのです。

「フクシマ」の現実から目をそむけ、事故をなるべく小さく、できれば「なかった」と考えたいのは、本能的な反応に近いのでしょう。だから「原発の全廃は日本の集団自殺だ」などと言い出すのです。事実はその正反対で、原子力依存の推進こそが破綻へと突進する狂気の沙汰であるにもかかわらずです。

あまりにも当事者だった人たちには、大きな枠組みを変えるような発想は難しいと考えるのが順当でしょう。ところが今の日本の政財界には、そうでない人が非常に少ないのですから、組織をいくらいじっても内容はあまり変りません。なにしろ国の根幹の形を変える話ですから、総取替えでもしない限り本当には変えられないでしょう。つまりは政治を変えるしかないのです。

反・脱原発運動は、国民対政権の対立の構図に近づきつつあるように見えます。これは戦後日本の進路選択のやり直しであり、最大の政治課題なのです。私がこの本から読み取ったのは、そういうメッセージでした。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  7. 7

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。