記事

原油先物は3%高、主要産油国の減産合意に期待


[東京 7日 ロイター] - アジア時間の原油先物は約3%上昇。世界の主要産油国が減産で合意するとの期待が高まっている。ただ、新型コロナウイルスの世界的流行で需要は引き続き低迷するとの警戒感が根強い。

0431GMT(日本時間午後1時31分)現在、北海ブレント先物<LCOc1>は0.93ドル(2.8%)高の1バレル=33.98ドル。6日は3%超下落した。

米原油先物は0.79ドル(3%)高の26.87ドル。前日は約8%下落していた。

関係筋によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は9日に予定される会合で、米国の参加を条件に減産で合意する公算が大きい。[nL4N2BU3TS]

ただ、産油国が減産で合意しても、新型コロナの流行で世界の人口の半数が何らかのロックダウン(都市封鎖)や人との接触を避ける措置の対象となり、経済活動の大部分が停止する中、市場は大規模なリセッション(景気後退)のリスクにさらされている。

また、米国がOPECプラスに協調するかどうか疑問が残る。

トランプ米大統領は6日、OPECから原油価格を下支えするため米石油会社に減産を要請するよう求められてはいないとした上で、米国の産油量はすでに減少しているとの見方を示した。[nL4N2BU4I3]

ユーラシアグループは「産油国は原油市場の完全な飽和状態を避けたいならば、大幅かつ迅速な減産が必要だ」と指摘。

キャピタル・エコノミクスはリポートで「経済活動が回復するまで、エネルギー価格は現在の水準付近で推移するだろう」と予想した。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  2. 2

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  10. 10

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。