記事

メキシコ大統領、新興国向け「マーシャルプラン」を呼び掛け


[メキシコ市 6日 ロイター] - メキシコのロペスオブラドール大統領は6日、新興国の新型コロナウイルス対策を支援するため、国際金融機関が新たな「マーシャルプラン」(復興援助計画)の策定を支援すべきだと表明した。

定例会見で述べた。大統領は米資産運用会社ブラックロック<BLK.N>のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)と4日にテレビ会議を行い、この構想を提案したという。

大統領は「マーシャルプランのようなものが必要だ」と発言。「(フィンク氏に)提案した。国際通貨基金(IMF)からは何も話が出ていない。世界銀行からも何も話が出ていない。援助・支援の発表がない」と述べた。

大統領は、新興国向けの支援は「一方的な融資」ではなく「開発協力」の形で行うべきだとも主張した。

マーシャルプランは第2次世界大戦で被災した欧州諸国を支援するため米国が1948年に開始した復興援助計画。

スペインのサンチェス首相も、新型コロナ感染拡大による打撃から欧州が回復するにはマーシャルプランのような枠組みが必要だとの認識を示している。 

民間アナリストは、新型コロナの感染拡大でメキシコが今年、深刻な景気後退に陥ると予想している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。