記事

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防法、続報

1/2

 前回のQ&Aでは、一般市民むけの新型コロナウイルス対策について、ウイルス研究者で感染症予防に詳しい麻布大学客員教授/国立医薬品食品衛生研究所客員研究員の野田衛(のだ・まもる)先生に、「集団予防」という概念とともに、マスク・手洗い・消毒薬という3つの予防法のコツについて、具体的にご解説いただきました:
 http://www.nposfss.com/cat3/faq/covid-19.html


(山崎):野田先生は、新型コロナウイルスに対する市民の予防法について「集団予防」という概念を提唱され、とりわけ健常者も含めて正しくマスクをすることの重要性を強調されました。しかし、WHOや米国CDCなども、「健常者はマスクをする必要はない」、「医療機関などでマスクが不足するので、健常者はマスクをしてはいけない」などの強いメッセージを出していました。
 *健常者にとって、マスク着用によるウイルス感染症予防効果のエビデンスはないのでしょうか?

(野田):そんなことはありません。長野県松本市の小学校において、マスク着用の季節性インフルエンザに対する予防効果を調査した観察研究報告があります。2014/15シーズンの長野県松本市のすべての小学生(29の公立小学校、13,217人)が対象で、10,524人の子供から得られた回答について統計解析したそうです。

*Mitsuo Uchida, et al.: Effectiveness of vaccination and wearing masks on seasonal influenza in Matsumoto City, Japan, in the 2014/2015 season: An observational study among all elementary schoolchildren, Preventive Medicine Reports, 5, 86-91 (2017)

(山崎):なるほど、小学生での季節性インフルエンザ発症について、どのような予防措置が有効だったかという疫学調査ですね。マスク着用はどうだったのでしょうか?

(野田):ワクチン接種とマスク着用で予防効果が有意に認められたとのことです。ちなみに、手洗いとうがいは予防効果がなく、むしろ罹患率は増加しました: 

表 ワクチン接種、マスク着用、手洗い、うがいの予防効果

オッズ比が、1以下の場合効果があり、値が小さいほど効果が大きい。

(山崎):インフルシーズンにマスクを常用した小学生で、インフルエンザ発症者が有意に少なかった、との理解ですが、合っておりますでしょうか?


(野田):おっしゃる通りです。ちなみに、ワクチン接種とマスク着用の全体的な効果は、それぞれ9.9%と8.6%であったとのこと。高学年(4〜6年生)と低学年(1〜3年生)のグループに分けると、ワクチン接種の有効性は低学年で大きく、マスク着用の効果は高学年で大きかったそうです。 高学年ではマスクを正しく着用していたから、有意な予防効果が得られたのではないかとの考察がされました。

(山崎):おもしろい結果ですね。もちろんインフルエンザと新型コロナウイルスでは感染形態が若干異なる点もあるかとは思いますが、飛沫感染と接触感染が主たる経路とすると、野田先生が言われた「正しくマスクを着用すること」の重要性がわかります。

(野田):そうですね。マスクがうまく着用できなかったことが容易に想像できる低学年では、飛沫感染を予防できなかったのでしょう。一方、ワクチン接種効果が低学年で高かった理由については、ワクチン接種が低学年で高かった(低学年:51.4%、高学年:44.7%)、高学年の生徒がより活動的で感染機会が増加した、低学年でのワクチン効果が高いことを示唆する報告があることなどが原因ではないかと考察されています。反面、小学校において手洗いやうがいでは、むしろインフルエンザ発症が増えています。これは、小学生が手洗い場に集まり、同時に手洗いやうがいを実施したことで感染リスクを高めた可能性があり、このことが小学校でのインフルエンザ集団発生の制御が困難である理由となっているのではないかと考察されています。

(山崎):「健常者マスク不要論」を主張する方々は、この調査報告ではインフルエンザに感染した小学生がマスクを着用したからこそ発症が減ったのではないか(咳エチケットのせいでは?)と言われるように思いますが・・

(野田):いえいえ。インフルエンザを発症した子供は学校を休みますので、あくまで健常者もしくは健康にみえる小学生がマスクを着用したか、しななかったのかで群間比較をしています。今回の新型コロナウイルスの予防対策においても、同じように健常者の市民がすべてマスクをした場合と、しなかった場合の感染/発症リスクを考察する意味で、重要なデータと評価するべきです。

(山崎):なるほど。ほかにもマスク着用のインフルエンザ予防効果のエビデンスはあるのでしょうか?

(野田):はい。インフルエンザのパンデミックが発生した場合を想定し、どのような対策が効果的であるかを把握するために、手洗い、マスク着用、環境の消毒の個人予防について、過去の論文(14の無作為対照研究)の臨床データを総合的に解析した報告があります。その報告によると、予防効果があるとする確固たる科学的証拠を得るには至らなかったとのことです。

*Jingyi Xiao, et al.: Nonpharmaceutical Measures for Pandemic Influenza in Nonhealthcare Settings--Personal Protective and Environmental Measures, Emerging Infectious Diseases, 26(5), 2020


あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  2. 2

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  3. 3

    訪日外国人客と踊った店主たち

    ヒロ

  4. 4

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  5. 5

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

  6. 6

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    宣言解除なら東京はステップ1へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    自浄能力? 支持低下の内閣に注目

    早川忠孝

  10. 10

    同調圧力に依存する日本を危惧

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。