記事

米Wファーゴ、中小企業支援制度は100億ドル上限に参加


[5日 ロイター] - 米銀行大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>は5日、新型コロナウイルス流行を受けた政府の景気対策の一環である約3500億ドルの中小企業支援融資制度について、同行として100億ドルを上限に参加すると表明した。規制上の制約が理由だという。

同制度は3日に開始、中小企業が給与などの固定費を支払えるよう、8週間にわたり低利の資金を融通する。

Wファーゴのチャールズ・シャーフ最高経営責任者(CEO)は文書で「バランスシート上の融資余力を確保するために積極的に取り組んでいるが、現在は資本および流動性の堅固な状況を活用して追加融資を行うのに制約がある」と説明した。

同行で不正な販売慣行が発覚したのを受け、連邦準備理事会(FRB)は2018年初めに同行に対し、ガバナンス(統治)とリスク管理が改善するまで資産を1兆9500億ドル以下に制限する措置を講じた。

同行はFRBに対し、新型コロナ感染拡大で打撃を受けている企業や顧客を支援できるよう、資産制限を引き上げるよう要請したとロイターはこれまでに報じた。ただ、当局は要請を受け入れていないという。

同行は、これまで受けた融資申請に基づくと、既に100億ドルの上限に達した可能性が高いと明らかにした。非営利団体と従業員が50人を下回る小規模企業に優先して融資を行う方針だという。同制度への参加で受け取る手数料も小規模企業に主に関与している非営利団体に譲渡すると明らかにした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。