記事

レオナルド・ディカプリオ、新型コロナの被害者に食糧支援組織を共同設立

レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオは、コロナウイルスのパンデミックに多大な被害を受けている低所得家庭、失業者、お年寄りや給食サービスを受けている子供達らに、食事を提供することを目的とした食糧支援組織「アメリカズ・フード・ファンド」へ、ローレン・パウエル・ジョブズらと共同設立した。

レオナルド・ディカプリオと事前活動家のローレン・パウエル・ジョブズ(故スティーヴ・ジョブズの元配偶者)が共同設立したアメリカズ・フード・ファンドは、ホセ・アンドレが設立した非営利の飢餓救済組織であるワールド・セントラル・キッチンや、フィーディング・アメリカに1200万ドルを提供した。

レオナルド・ディカプリオは、AP通信での声明で「このコロナウイルスの危機に直面する中で、ワールド・セントラル・キッチンやフィーディング・アメリカのような組織の揺るぎない決意が我々に刺激を与え、必要下にある最も傷つけられやすい人々に食料支援することを決めました。

この危機の最前線での彼らの精力的な取り組みに感謝しており、彼らは私達の出来る限りの協力を必要としているのです。」とコメント。これに加えて、ローレン・パウエル・ジョブズは「何百万もの失業者や学校給食のようなプログラムの危機の中で、人々が飢餓に苦しまないようにすることは一番切迫している問題ではないでしょうか」と語った。

アメリカズ・フード・ファンドは、アメリカ合衆国のクラウドファンディングプラットフォーム「ゴー・ファンド・ミー」と協力しており、目標金額1500万ドルのうち、レオナルド・ディカプリオとローレン・パウエル・ジョブズが合わせて目標金額の1/3である500万ドル、Appleからは更に500万ドル、フォード財団は100万ドルが寄付され、この記事を書く頃には1229万ドルが集まっている。

「こういう事態には、一皿の食事が重要な栄養源となり、"私たちがあなた達を支え、きっと明日、事態がもっと良くなることを保証します"というコミュニティーからのメッセージにもなるのです」とホセ・アンドレも声明を出した。

今年初めには、レオナルド・ディカプリオの環境保護団体がオーストラリアの森林火災基金に300万ドルを寄付している。

Translated by EBINA KOHEI

あわせて読みたい

「レオナルド・ディカプリオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  7. 7

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。