記事

小池都知事カタカナ語多用のなぜ? 東京都長期ビジョンを読み解く!その88

1/2
トップ写真:小池都知事記者会見 出典:東京都Facebook

西村健(NPO法人日本公共利益研究所代表)

【まとめ】

・専門用語が一般化する過程でカタカナ語の使用は避けられない。

・カタカナ語は英語使えない人には「マウンティング」に感じる。

・小池知事は実際の記者会見では丁寧に説明をしている。

小池東京都知事「オーバーシュート・・・ロックダウン・・・」

3月23日の会合で、こうしたいわゆる「カタカナ語」言葉を多用したことが波紋を呼んでいる。河野太郎防衛相がツイッターで一石を投じているそうだ。

ぺこぱの松蔭寺太勇さんだったら、「何のことなのかわからねえっ~て」「いや、まだ日本語訳に合意ができていないのだろう」とでもいうはずだ。

■ 専門用語を一般的な言葉に変えるのは難しい・・・・

小池都知事を擁護するわけではないが、専門用語が一般化する過程では、こうしたことが起きやすい。あるテーマで急に関心があがってしまった場合、新たに関心を持った層にとっては、聞いたことがない言葉、専門用語に当惑するのは当然のこと。急激な拡大に訳や説明が追いつかない展開である。

皆さんも自分たちの業界、会社、お店での「業界用語」を関係のない他人に使ってしまったら、きょとんとされた経験があるだろう。

私事ながら、私も外資系企業に勤めていたとき、とても困惑したものだ。しかも、さも「お前知っているのが当然だろ、知らないなら自分で調べろ」的な圧も感じたこともあった(笑)個人的にも、自分もそうしたことがあったかもしれない。

時を戻そう。

河野氏は、

 ・「クラスター」=集団感染

 ・「オーバーシュート」=感染爆発

 ・「ロックダウン」=都市封鎖

と提言した。

とはいえ、クラスターは集団感染とするのはどうか。違和感がある。クラスターの訳は「房」「集団」「群れ」である。そうなると「集団感染源になる集団・群れ」としたほうが適切なところだろう。そう、言葉を日本語に「翻訳」し、その合意を取るのはなかなか難しいのだ。

■ 理解するのがコミュニケーション

「伝わる」ことが得意な小池都知事、どうしたのだろうか?。激務で配慮できない程なのかもしれない。疲れているのかもしれない。

ただし、こうした「和製英語」の多用は長年政治をウオッチしてきているが、多い人ではあることも事実だ。

【小池さんの発したカタカナ語リスト】

 ・第三段階は、イナフと言って去っていく(小沢氏を評して)

 ・都民ファースト

 ・ワイズ・スペンディング

 ・アウフヘーベン

 ・リセットする

 ・ビジネスアズユージュアル

などなどである。「戦略的に使っている」との評価もある。時と場合によって使い分けているのだろうから、本当のところはわからない。けれども、一部の人は、知識がない人を下に見た、英語を使えない人に対して、「マウンティング」、つまり自分の方が上であると優位性を示す言動と感ずる人もいるだろう。そんなことないとは思うが、無意識的にやっていたとしたら、相当たちが悪い。

私も子供の時に調子に乗っていて、カッコつけた言葉を発して、周りから反発を食らったことを思い出した。

無自覚に使っている言葉が、他の業界の人にはわからないとなると普通は「やめよう」と思うはず。世論に敏感な小池都知事にしては、適切な振る舞いではないと疑った。どうしたのだろうか。

▲写真 小池都知事記者会見 出典:東京都Facebook

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。