記事

政府批判より、医療関係者にエールを!

[画像をブログで見る]

<お知らせ>【登録者数1200名突破!】2020年2月から、ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

政府のコロナウイルス対策に文句ばかりつけて対案を出さないような人とは、付き合ってはいけない。そんなブログを書いたところ、「上から目線」だというコメントが届きました。

非常事態で収入が激減していて、文句の一つも言いたくなる人の気持ちを理解して欲しいということのようです。また、相手がウイルスだから、不安や不満のやり場がない。だから、ストレス発散に文句を言いたい人の心情を否定できないというのです。

確かに、私自身も毎日の息苦しい生活に、ストレスを感じています。しかし、今世界で続いているコロナウィルスと人類の戦いは、企業経営に例えれば、強力なライバル企業とのガチンコ勝負のようなものです。「コロナ株式会社」と「人類株式会社」の戦いです。

政府の対応を批判するのは、その戦いの最中に、人類株式会社の社内で人事抗争に明け暮れるようなものです。時期と対象がズレている気がします。

また、対案のない批判というネガティブなエネルギーは、個人的にはストレス発散と言うより、むしろストレスで、逆に気が滅入ります。

そんな時に、海外の医療関係者を鼓舞する活動の動画を見ました。

イギリスでは「Clap for Carers (医療・介護従事者に拍手を)」というキャンペーンが行われているそうです(写真はBBCのサイトから)。コロナ感染対策の最前線で働く人たちに感謝する人たちが、自宅から夜の8時になると一斉に拍手を贈る活動です。イギリス以外の国にも広がっているようです。

自らの感染リスクを負いながら、懸命にウィルスの感染拡大防止に日々努力する人たち。医療・介護関係者だけではなく、公共交通機関の運営、生活必需品の販売、清掃やゴミの収集など、たくさんの人たちは今日もいつもの仕事を続けています。

そんな人たちを応援する活動の方が、勇気と元気をもらうことができ、よっぽどストレス発散になります。

以上は、私の個人的な考えですから、SNSでネガティブなストレス発散をしたい人はすれば良いと思います。ただ、私はそんな人たちを批判するのではなく「ソーシャルディスタンス」を取りたいと思うだけです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年4月6日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  5. 5

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  10. 10

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。