記事

焦点:優等生シンガポールでも感染増、コロナ封じ込めの困難さ


[シンガポール 2日 ロイター] - シンガポールはこれまでは、新型コロナウイルスとの闘いで世界の模範と称賛されてきた。しかしこの小さな都市国家で今、お得意の徹底した策をもってしても感染拡大に歯止めがかからない。疫学専門家は、世界が新型コロナ封じ込めに取り組む上で、シンガポールの例が先行きに不吉な影を落としていると懸念している。

今年1月の時点では中国以外で新型コロナの痛手が最も大きかったものの、厳格な住民監視や隔離措置などの導入が流れを食い止めるのに奏功。世界保健機関(WHO)から高く評価されるに至った。

シンガポールは他国・地域に比べて検疫がしやすい国だ。人口は570万人程度の島国で、端から端まで車で1時間もかからない。入国管理の場所も多くはないし、医療体制も堅固だ。

現状、新型コロナの死者は4人にとどまっている。ところが、封じ込め策には緊張の兆しが出てきている。感染者数は4月1日に1000人に達し、前日からの増加は74人とこれまでで最多になった。特にこの1週間で感染者が倍増して、総数は3月末で前月末に比べ10倍近くになった。国内感染が70%を占めるようになり、多くは感染者との接触が確認されない単独感染だ。

専門家によると、シンガポールですら防疫態勢が破られているという事実は、新型コロナ感染の拡大抑制の難しさを物語る。

米ミネソタ大学の感染症専門家、マイケル・オスターホルム氏は「シンガポールの方法は最善の策の一つと見なされてきた。他の諸外国に示されている今の現実は、このウイルスに反撃し、ねじ伏せたままにしておくのがいかに難しいかということにほかならない」と話す。

コンプライアンス部門のマネジャーのアービング・チャンさん(43)は、「何をすべきか、これからどうすべきかをよく考える必要がある」と警戒を口にする。

ケネス・マク保健相は今週、感染者増加が懸念のきっかけだとし、これから数週間の流行を見極めて、現行の感染防止策が機能しているのかを評価する考えを示した。

同様に厳格なコロナ対策で褒められてきた台湾も最近、外国からの感染持ち込みが増加したほか、確認できる感染源が不明な小さな感染域がいくつも出現している。

中国では当局者は帰国者による感染持ち込みに焦点を変え、無症状の感染者が流行第2波をもたらす可能性を警戒している。

<眠らないコロナ>

WHOはこれまで、厳しい移動や外出の制限措置を取らなくても新型コロナを抑制できる例としてシンガポールを取り上げていた。

同国は学校や飲食店、オフィスを閉鎖していない。ただ、人と人との距離を空けさせる「社会的距離」を最近導入したため、バーは休業し、11人以上の集会は禁じられた。

WHOのマレーシア、ブルネイ、シンガポール部門の責任者Ying-Ru Lo氏は2日、シンガポールの感染者数に言及。「新型コロナウイルスは不眠不休で活動している。感染力も強い」と指摘し、シンガポールも含めた世界各地で抑制努力を強化していくことが必要だと表明した。

シンガポール政府は全土封鎖のような措置の実効性は疑問視しており、対策チームを率いるローレンス・ウォン氏も「そんな魔法のような解決策はない」と語る。

しかし、同国の専門家からは、学校やオフィスの閉鎖など、これまでより厳しい措置の必要を指摘する声もある。シンガポール国立大学公衆衛生学部のテオ・イク・イン学部長は「とても率直に言って心配だ。単独感染者が増えており、地域での散発的な感染の兆候がある。そうなると我々の手に負えなくなってくる」と話した。

(John Geddie記者、Aradhana Aravindan記者)

*この記事は、2日時点の情報を基に構成されています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。