記事

ドリフ付き人が語る 『全員集合』の半端ない緊張感と重圧


まさに「お茶の間の王様」だった(時事通信フォト)

「東村山音頭」に「バカ殿様」、「アイ、マイ、ミー」、「カラスの勝手でしょ」──。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した志村けん(享年70)の代表ネタの多くは、ドリフターズの『8時だョ!全員集合』(TBS系)から生まれた。

 1969年10月にスタートし、1973年4月には最高視聴率50.5%を記録。お茶間を笑いの渦に巻き込み続けた、まさに“お化け番組”だった。

 放送が開始した1969年は、家庭でのテレビ普及率が90%を超え、日本国民がみなテレビにかじりついていた時代だった。中京テレビや近畿放送、福岡放送など地方局が続々開局し、在京キー局の番組が、系列の地方局で見られるように。

 とりわけ土曜日の夜は激戦区で、日テレはON全盛期のプロ野球中継で数字を稼ぎ、NETテレビ(現テレ朝)は近衛十四郎主演の伝説の時代劇『素浪人』シリーズでシニア視聴者を掴む。フジテレビは萩本欽一と坂上二郎率いる『コント55号の世界は笑う』の人気が爆発していた。

 そんな“強敵”が並び立つ土曜夜8時に、『全員集合』は分け入っていった。『全員集合』をはじめ、数多くのドリフの番組で台本を手がけた放送作家の田村隆氏が語る。

「当初、『全員集合』はクイズやミニコーナーがメインのバラエティでした。でも、同時間帯の『コント55号』にどうしても勝てない。別の路線に行く手もありましたが、真正面からコントで戦うことにしたんです。その時、いかりや長介さん(2004年死去)が、『やるなら徹底的に本物志向でいく』と主張した。

 当時、カツラはハリボテ、セットはベニア一枚なんて番組がほとんどだった時代に、ステージに本物の池を作って、時代劇顔負けの本格的なちょんまげを被った男たちが落っこちていく。一回の放送に金と労力の全てを注ぎました」

 しかも番組は生放送。「半端な緊張感ではなかった」と、当時ドリフの付き人をしていたコメディアンの松田ひろし氏は振り返る。

「生で中継しているので、本番前のメンバーのピリピリムードはすごかった。僕たち“ボーヤ”(付き人)もオープニングの『エ~ンヤ~コ~ラヤット』の踊りの時はカメラの前に出られるんですが、絶対にミスできない。毎回気が気じゃなかったですね。

 ボーヤの主な仕事はメンバーの着替えの手伝いでしたが、オープニング直後、コントのための早着替えは大変なプレッシャーでした。みんな衣装に対するこだわりもすごかったから、ジャケットもズボンも大量でね。

 ただ、その臨場感が視聴者にもダイレクトに伝わったからこそ、国民的な人気番組になったのだと思います」

※週刊ポスト2020年4月17日号

あわせて読みたい

「ドリフターズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。