記事

ジョンソン英首相が入院、新型コロナの症状継続で検査


[ロンドン 5日 ロイター] - 新型コロナウイルスに感染して自主隔離していたジョンソン英首相が5日、検査のため入院したことが、首相官邸の発表で明らかになった。入院は「予備的措置」としている。

首相官邸は「主治医の助言により、首相は今夜、検査のため入院した」と発表。「ウイルス検査で陽性反応が出てから10日経っても症状が続いているためで、予備的措置だ」と説明した。

ジョンソン首相(55)は3月27日に検査で陽性反応が出たことを公表。自主隔離に入り、今月3日には、まだ発熱が続いているため隔離を続けると述べていた。

首相官邸は、緊急入院ではないと強調している。首相の主治医が、医療機関で診察を受けるのが妥当と判断したという。

首相官邸は、ジョンソン首相が引き続き政府の指揮を執っているとも強調した。関係筋によると、6日に開かれる新型コロナ対策を話し合う緊急会議はラーブ外相が議長を務める。

英国では、病気などにより首相が職務遂行できなくなった場合の代役について、多数の異なる先例があり、明確なルールがない。

ジョンソン首相の入院のニュースを受け、ポンドは一時、0.4%下落し1ポンド=1.2215ドルまで下げたが、その後はやや下げ渋り0.3%安の1.2230ドルで取引されている。

ジョンソン氏は当初、新型コロナで他の欧州諸国に比べて緩い対策しか講じていないと批判されたが、研究チームが国内で25万人が死亡するとの試算を政府に示したことを受け、外出禁止令など厳しい措置を打ち出した。

政府内では首相のほか、ハンコック保健・社会福祉相も前月に感染したことが判明し、ホイッティ首席医務官(CMO)も新型コロナに似た症状が出ているため自宅隔離に入った。首相の婚約者で妊娠中のキャリー・サイモンズさんも症状があったが、4日に快方に向かっていると明らかにした。

ジョンソン氏は3日、ツイッターに投稿した動画で、発熱の症状が残っていると疲れた様子で述べていた。

首相の入院先や検査内容は公表されていない。専門家は、首相の年齢と症状が10日間続いていることを考慮すると、酸素飽和度や心電図の検査を行う可能性が高いと指摘した。

英保健省によると、国内の新型コロナ感染による死者は4日時点で前日から621人増え4934人となった。19万5524人が新型コロナ検査を受けており、4万7806人に陽性反応が出た。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  3. 3

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  10. 10

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。