記事

『99人の壁』のエキストラは悪質なのか? 一般参加で感じたスタッフの愛情と苦しさ

1/2

一部の参加者は気づいていた

3日、フジテレビが『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』(毎週土曜19:00~)の参加者に、解答権のないエキストラを番組に参加させていたことを発表。「『1人対99人』というコンセプトを逸脱していた」「視聴者の皆様の信頼を損なう形となっていた」として謝罪した。さらに、MCを務める佐藤二朗も「残念だ」「心からお詫び申し上げる」と謝罪を余儀なくされる事態に至っている。

これを受け、各メディアは「『99人の壁』不適切手法で制作」「解答権ないエキストラが番組参加」「サクラ最大20人超 『79人の壁』だった」などとセンセーショナルに報じ、ネット上には「テレビはヤラセばかり」「打ち切りしかない」などの批判が飛び交った。

今回の騒動は、どんなことが問題で起き、今後はどんな対応が求められていくのか。『99人の壁』の収録に何度も一般参加し、マイナビニュースでコラム「週刊テレ贔屓」を連載中のテレビ解説者・木村隆志氏に話を聞いた――。

『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』MCの佐藤二朗

とびきり一般人に優しいバラエティ

木村氏は「1回平均10人ものエキストラがいた」という今回の報道に驚かず、むしろ「いつか露呈するだろうと思っていた」という。

「一部参加者の中から、『全然ボタンを押さないから90番台はエキストラかな』などという声があがっていました。私もそういう人に何度か話しかけてみましたが、愛想笑いを返すだけで、『こちらのほうが彼のジャンルに詳しい』ということもありましたから。ただ、大半の参加者は純粋に収録を楽しんでいて、エキストラの存在に気づいていませんでした。視聴者も同様に番組を楽しんでいたでしょうし、今回の件は裏切ってしまった感が否めないでしょう」

では、なぜ番組サイドはエキストラを手配しなければいけなかったのか。今回はエキストラ自身がBPO(放送倫理・番組向上機構)に連絡したことで発覚したというが、SNSでの告発も考えられるなど、もともとリスクが大きいシステムだったようだ。

「やはり毎回の収録に100人近い一般人をそろえるのは難しかったはずです。タレントなら必ず収録に行きますが、一般人は『予定が入った』『家庭の事情』などの理由でドタキャンもあれば、連絡すら入れずに来なかった人もいたようですから。毎回半数前後が北海道から九州まで日本全国から自費で参加していましたし、私が知る限り『99人の壁』に出たい人はたくさんいますが、収録当日に来てもらえなかったら意味がありません。この番組はスタッフが一般人への信頼をもとに制作していましたが、その性善説のような姿勢が仇(あだ)となったしまった感があります」

そもそも一般人を参加者にすること自体がリスクである上に、100人近くとなれば、なおのこと。そのリスクに挑戦した番組だからなのか、ネット上には批判とともに「解答権ないなら仕方ないというレベルかな」「むしろ79人も壁がいたことのほうが驚き」などの擁護も目立つ。

「他のクイズ番組がタレント解答者ばかりの安全策を採る中、『99人の壁』はリスク覚悟でゴールデンタイム唯一の視聴者参加型ですからね。クイズが得意でない人も、自分の愛するジャンルで挑戦して生き生きとした姿を見せられることも含めて、現在放送されている番組の中でも、とびきり一般人に優しいバラエティのように見えます。だからネット上に擁護の声があがるのでしょう」

求められるYouTuberのぶっちゃけ力

さらに、木村氏は「番組のコンセプトとは言え、制作サイドが100人集めることにこだわりすぎてしまった」「それはテレビ業界の抱える課題」と指摘する。

「MCがユーモアたっぷりの佐藤二朗さんなのですから、『今週は79人になっちゃいました』と笑い話にする手もあったと思いますが、テレビ業界にはそれをよしとしない空気がまだまだあるのかもしれません。『テレビならやって当然』という気負いや、『これくらいならOKだろう』というズルさがあったように見えますし、もっとYouTuberのようなぶっちゃけ目線があってもいいのではないでしょうか。視聴者に正直な番組は支持されやすいですし、『次は何人集まるのか?』『今度こそドタキャン0を達成せよ』と盛り上がる可能性もあるでしょう」

もう1つネット上で盛り上がっていたのは、「そもそもエキストラを手配するのはいけないのか?」という議論。確かに、エキストラも同じ一般人なら問題はないようにも見えるが…。

「エキストラ自体はテレビに限らず、他の業界でも使用されるものですし、金銭的な意図などもないようなので、何の問題もないと思われます。一般参加者とエキストラの違いは『オーディションを経ていない』ことだけであり、それもタレント出場者と同じ扱いというだけに過ぎないですから。ただ、エキストラにも解答権を与えておけば、こんな騒動にはならなかったでしょう。今回は『報酬をもらっていたであろうエキストラがBPOに報告する』という、ある種ルール違反に近い告発だったので、解答権を与えておかなかったことが悔やまれます」

エキストラ投入より批判されていたこと

残念なのは、こうした報道をされたことでネット上にネガティブキャンペーンのような憶測が広がっていること。現在は制作サイドが反論しにくい状況だからこそ、木村氏は何度も参加した立場から、「今後のためにハッキリさせておいたほうがいいことがある」という。

1つ目の憶測は「参加者をオーディションでちゃんと選んでいないのではないか?」。

「これまで100人を超える参加者と話してきましたが、全員オーディションを受けていましたし、参加できることを本当に喜んでいました。私も含めてテレビ番組に出ているタレントや文化人もオーディションを受けていましたし、時間と手間をかけて選んでいたのは間違いないでしょう。ただ、結果として同じ参加者が何度も出演しているので、誤解を招いてしまうのも仕方がない気がします」

ネット上を見ていて驚かされたのは、エキストラに関する不満よりも、「同じ人が出ている」という批判が多かったこと。「特定の個人を特別扱いしている」「子どもが悪目立ちしている」などの声があがっていた。

「一般参加者としては、収録が楽しい上に、前へ出て自分の愛するジャンルのクイズに挑戦したいし、待ち時間などで意気投合して友人になる人も多いため、『呼んでもらえるのなら何度でも参加したい』というのが本音。一方、制作サイドとしては、収録当日、確実に参加してくれるリピーターは100人を確保する上で貴重ですし、『せっかく問題を作ったから使いたい』という事情や『一度は前に立たせてあげたい』という優しさも感じました。また、演出の観点から、ある程度クイズが強く、キャラクターも立った人を繰り返し呼びたくなるのは当然でしょう。ただし、以前から参加者の中でも、『子どもを特別扱いしすぎる』という不満の声が出ていたのは事実です」

実際、鉄道、城、野菜、動物などのジャンルで大人以上の知識を発揮する子どもたちが番組をけん引し、佐藤二朗がかわいがるようなシーンもあった。昨年11月と今年1月には「小学生1人VS東大生99人」という企画が放送されている。

「『土曜夜に安定した視聴率を獲得しなければいけない』という理由から、ファミリー層の視聴者を意識しすぎたところはあるでしょう。昨年10月、裏番組に『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)がスタートし、一部の子どもが両方に出演したこともあって、『芸能事務所の子役では?』などの憶測が飛ぶ事態を招いてしまいました。子どもたちは好きなものを純粋に楽しんでいるだけなので、『悪目立ち』と言われたり、あらぬ憶測を招いたりしたことは、制作サイドの責任と言えます。今後は子どもに頼らない形での制作姿勢が必須でしょう」

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。