記事

民主党の外交政策の失敗

先週、韓国のイ・ミョンバク大統領が竹島に上陸しました。

竹島は、歴史的にどのような解釈をしても日本の領土です。

今まで、どのような大統領でも、竹島へ上陸することはありませんでした。

韓国が領有権を主張しようが、大統領の上陸をさせない、これが外交です。

もちろん、竹島に灯台を設置したり、その他施設を作らせてしまったりしたとは、自民党が韓国に強い態度で臨まなかったことにも原因があります。

しかし、一線を越えさせることはありませんでした。

昨年、今年とロシアの大統領、首相が北方領土を訪問したこともありました。

尖閣諸島沖では、漁船沈没事件が起き、今でも海上保安庁と中国の漁業監視船との緊張関係は続いています。

これは、日本のいわゆる「抑止力」が弱まっていることの証左です。

普天間基地の問題で、「抑止力」とは何かとの議論が起きました。

そもそも、「抑止力」なのですから、通常の状態では、その力は見ることができません。

「抑止力」が外に現れるときは、そのパワーバランスが崩れた時、何かしらの有事や今回のような事態が起こった時です。

「抑止力」は破られてしまってからでは、時すでに遅しで、常にそのバランスが均衡している状態を保持しなければなりません。

一連の事態は、鳩山元総理の普天間基地問題での迷走が端となっており、さらに韓国国内で支持率の低迷する大統領の、保守層へのアピールのための行動でしょうが、上陸という事実を作られてしまったことは残念です。

日本政府も、「遺憾」だとか、「極めて遺憾」、そして駐韓日本大使の召還といったお決まりの対応を取るのではなく、もっと踏み込んだ対応を取って怒りを表すべきです。

それをしなければ、今回作られた事実が、本当の事実として伝わってしまいます。

民主党の根本的な原因は、党内の意見が幅広過ぎることです。

右から左にまで、幅広いため、党内意見の集約ができません。

私が担当している議員立法でも、民主党の党内手続きを何か月も待っているものが何本もありますし、何か月たっても議論が平行線で、党内で結論を出せないでいます。

右から左まであまりに幅広い考え方、このことが日本の外交政策に大きな影を落としています。

前原政調会長のような保守的な人も居れば、日教組を母体とする左の人も多く居るため、このような問題に対処できないでいます。

外交や経済政策、安全保障などはいわゆる机上の空論だけではだめで、経験や理念が非常に重要です。

いわゆる素人には絶対に任せてはいけない分野です。

外交が出来ないのであれば、日本の国益のために、できる人に任せるべきではないでしょうか。

あわせて読みたい

「韓国大統領の竹島上陸」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  6. 6

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  7. 7

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  8. 8

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。