記事

「若い衆が突然、何人もいなくなる」“分裂抗争”山口組組員が激減 暴力団業界で何が起きているのか?- 尾島 正洋

1/2

 暴力団業界のブランドとされる「菱の代紋」の威光があっても、勢力減少に歯止めがかけられない――。

【画像】山健組出身の5代目組長渡辺芳則と、武闘派だった若頭の宅見勝

 10年前には1万7300人いた山口組の構成員(組員)が、2019年末時点では、分裂した「6代目山口組」「神戸山口組」「絆會(旧任侠山口組)」の3組織を合わせても5900人にまで減少している。4月2日に公表された警察庁の調査で判明した。

 暴力団対策法が施行された1992年には2万2200人の組員を誇っていた山口組。組内で保守本流といわれた山健組出身の5代目組長の渡辺芳則と、武闘派、経済ヤクザとして知られた若頭の宅見勝が組織運営をしていた最盛期だ。バブル期には準構成員や周辺者を合わせると4万~5万人規模となる勢力となっていたことが推測される。

6代目山口組組長の司忍 ©時事通信社

 しかし、相次ぐ法規制や警察当局の取り締まりの強化の影響もあって、近年は減少傾向が加速している。

「6代目山口組」は昨年10月に刑務所を出所したナンバー2の若頭、高山清司が復帰して組織の引き締めを図ったが、2019年末の構成員4100人、準構成員を合わせても8900人。分裂した直後の2015年末は構成員が6000人、準構成員含めて14100人だった。

「神戸山口組」も2015年末に2800人いた構成員が毎年減少し、昨年末には1500人。「絆會」との分裂で400人が離れたとはいえ、大幅に減っている。

「逃げ出す若い衆を追う人もいない」

 もちろん減少傾向は山口組だけでなく、全国の暴力団勢力(準構成員含む)は昨年末、初めて総数で3万人を下回り、前年比2300人減の約2万8200人と過去最少を記録した。

「若い衆が突然、何人もいなくなる。中には組織で管理しているカネを持ち出した不届き者もいるが、追いかけるにしても人がいない」

 そう打ち明けるのは、東京を拠点に活動している山口組系幹部だ。そういった話を周辺の組織からも聞くという。

 住吉会の有力2次団体に所属していた元組員は筆者に次のように語った。

「すでにヤクザを辞めた。今は塗装など内装工事の仕事をしている。ヤクザになる前も工事関係の仕事をしていたので元に戻っただけ。ヤクザでは食っていけないのだから仕方がない」

 山口組に次ぐ規模の暴力団、住吉会も2010年末には1万2600人の勢力を誇ったが、毎年減少し2019年末は4500人に。3番目の稲川会も2010年末の9100人から2019年末には3400人へと減少した。

 業界全体が縮小している中、現役幹部も“意地”で活動を続けている状況だ。

「昔に比べて、いまシノギ(資金獲得活動)が厳しいのは確かだろう。しかし、ヤクザは人気商売。大事なのはカタギの人たちから、どれほど協力を得られるか。苦しくても、自分には少なからず応援してくれる人がまだまだいる。だから絶対にヤクザは辞めない」(住吉会系幹部)

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  2. 2

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  5. 5

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  6. 6

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  7. 7

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  8. 8

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。