記事

すでに明らかなことを本に書く気はない

1/2

 拙著が家に届きました。


 今日あたりから書店に並ぶと思います。「不要不急の外出自粛」が呼びかけられている地域も多い中であり、まあ「必要であり急ぎである買い物」と位置付けてもらって……とは申しませんが、何かの折にぜひお読みください。あまり初刷りはありませんので、かなり大きな本屋でないと、取り寄せない限りないんじゃないかと思います。こういう時こそ本を読んでぜひご感想をください。

 家ではつれあいが読んでくれました。だいたい何事にも辛口なことが多いつれあいなのですが「面白い」と言ってもらい、しかも具体的にここがというのを的確に指摘してくれたので、身内の評ながら1週間ぐらいハッピーでいられました。


 この本は「表現の自由」を扱った本ですが、例えば「あいちトリエンナーレ」の事件にさいして「政府からの圧力は表現を萎縮させるものであり、表現の自由を脅かすものだ」ということは、少なくともぼくにとってはかなりクリアなことです。クリアだからこそ、共感を呼ぶ社会運動になっているわけですが、ぼく自身としてはそのことを「本」という形にする意味はあまりないような気がしていて*1、ぼくとしては、一般の人が疑問に感じていながら実はあまりよく知らされていないことを明らかにするところに、本を出す意義を感じています。*2

「表現の自由を謳歌したいなら行政の支援を受けるな」

 例えば、「行政の支援を受けているものには表現の自由はない。好きな表現は支援を受けずに、どこかで自費でやれ。それなら干渉されないぞ」という意見をどうみればいいのでしょうか。

 ぼくはこの意見を左翼的な若い人たちが集まる場所で、酒を飲みバーベキューを食べながら、まさに左翼的な若い人から聞かされました。

 行政でも例えば福岡市の高島市長がしている次のような発言はこの若い人と同じ意見だと思います。

市長(高島宗一郎) 表現の自由は、当然認められるものと思いますので、いろいろな催事を行えばいいと思います。ただ、福岡市の後援を要るというのであれば、それは当然、ルールがあります。(2015年9月11日福岡市議会での答弁)

本書では、この意見をどう考えればいいか論じています。

「あいちトリエンナーレ」事件とは結局どういう事件であったのか

 「あいちトリエンナーレ」事件というのは、結局何が問題だったのでしょうか。事件に関するさまざまな本、論評は出ていますが、一般の市民としては、「端的に言えば結局なんだったのか」という評価が必要ではないかと思っています。

 ぼくもブログで書きはしましたが、その後の事態の発展によって、実は事件の表見は大きく変わっています。(さらに言えば本書が刷り終わってのちに政府による補助金不交付決定の撤回がありました。)そこを本書では明らかにしています。

「政治的なものは芸術ではない」「〇〇はおよそアートではない」

 つい最近、浦沢直樹が「アベノマスク」というタグをつけて描いた安倍首相の似顔絵が炎上しました。

 浦沢は例えば『MASTERキートン』ひとつとっても相当に「政治的」だと思うんですが、「あれは原作者がいて浦沢は単なる絵師として機械的に作業しただけだ」とでも思っているんでしょうか。

それはともかく、この議論は理屈の上ではあまり大して解明は必要ありません。

 それよりも、実際に出展されている現代アートの多くが「政治的」であり、またはぼくらが考える「美術作品」の常識からは外れていることを、実例で見ながら示していこうと思いました。

 そして、それがわかりやすいように、専門家の解説を簡単につけながら。

「政治的に偏った作品への支援は行政の中立性を損なう」

 「政治的に偏った作品への支援は行政の中立性を損なう」という理屈を行政がしばしば口にするようになりました。ぼくが表現の自由に対する本質的な危機感を抱いたのは、実は公民館だよりに憲法9条のことを描いた俳句の掲載を拒否されたいわゆる「九条俳句事件」でした。

 福岡市で起きた「平和のための戦争展」での「後援拒否・取消」事件もその一つでした。やはり当の高島市長は次のように述べています。

◯市長(高島宗一郎) 市民の表現活動につきましては、憲法の保障する表現の自由のもと、公序良俗に反する場合などを除いて自由に行うことができるものでありまして、これは福岡市の後援の有無によって制限を受けるものでもありません。一方で、市民の活動に福岡市が後援を行う場合は、これは行政の中立性を確保する必要がございます。(2016年9月12日福岡市議会での答弁)

 これも行政が口実にしているので、市民にもそれなりに浸透している理屈の一つであり、これをどう考えればいいのかを最高裁の判決や議会の議事録などを参考に考えています。

あわせて読みたい

「表現の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  5. 5

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  7. 7

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。