記事

教育現場で求められるメンタルヘルス スクールカウンセラーの必要性

1/2
Photo from Pixabay

音楽学校教師で産業カウンセラーの手島将彦が、世界の音楽業界を中心にメンタルヘルスや世の中への捉え方を一考する連載「世界の方が狂っている 〜アーティストを通して考える社会とメンタルヘルス〜」。第18回はスクールカウンセラーについて、産業カウンセラーの視点から考察する。

4月は学校が始まる時期ですが、学校に行くということに対して、人それぞれ様々な思いがあると思います。この連載は「世界の方が狂っている」というタイトルですが、学校という環境はその特殊さゆえに、「学校という世界の方が狂っている」と言いたくなるようなこともあります。これまでこの連載で取り上げてきた、メンタルヘルスに関することや、発達障害LGBTQ男女のジェンダーギャップ、などについての学校現場の理解もまだまだ足りないところもあります。神聖かまってちゃんには「学校に生きたくない」、SHISHAMOにも「行きたくない」という曲がありますが、児童生徒の中には「学校に行けない」という状態になる人、あるいは「行かない」という選択をする人もいます。

これまで、社会的にも学校としても、「とにかく学校に登校する」ということが重視されていて、学校に行けない、行かないそれぞれの理由や事情を無視してしまっていることもありました。しかし、そこからの転換を文部科学省は2018年に通知しています。「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」では「不登校児童生徒への支援は、『学校に登校する』という結果のみを目標にするのではなく、児童生徒が自らの進路を主体的に捉えて、社会的に自立することを目指す必要があること」と書かれています。

このように、文科省も「学校に行くことがすべてではない」という姿勢を打ち出しています。学校が、誰かにとって安心安全な場所ではなかったり、あまりにも自分らしくない振る舞いをしなければならない環境であったりするならば、無理して行く必要はないのです。また、親等に迷惑をかけないようにと、ひとりで抱え込まず、この文章の後に記載したようなところに相談してみるのも方法のひとつです。

一方で不登校には、学習機会の確保や友達と遊ぶことが難しくなるということ、そうした問題を支援できる選択肢がまだまだ多くないこと、そしてそれを経済的・環境的理由から選択できない家庭も多いこと、などまだまだ問題は多々あります。「学校に行かなくても良いんだよ」「逃げて良いんだよ」と言えるようになったこと、そのように考えられるようになったことはとても大きな一歩ですが、それによって、本来なら得られたはずの何かが失われないようにしなければなりませんし、「逃げろ」という場合には、逃げ方を伝え、逃げ場所を用意しなければなりません。国や社会が、より一層関心を高めて支援していくようになって欲しいと思います。

学校という世界を少しずつでも良くしていこうという試みはいろいろと行なわれていて、そのうちのひとつが1995年から公立校に導入された「スクールカウンセラー」です。スクールカウンセラーは、①臨床心理士 ②精神科医 ③児童生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識及び経験を有し、学校教育法第1条に規定する大学の学長、副学長、学部長、教授、准教授、講師、または助教の職にある者、またはあった者、のいずれかが資格要件となっています。学校内で教員と異なる立場、そして臨床心理の専門家としての立場から、児童生徒や保護者と関わることで、様々な問題のケアにあたります。

その声の存在感と高い音楽性から、多くのアーティストやプロデューサー達から高く評価されているiriさんは、もともとこのスクールカウンセラーになりたかったそうです。インタビューの中で「私、小学生の頃、すべてに対してものすごくオープンで、周りの視線とか何も考えていない子だったんです。女の子が恥ずかしいと感じることも気にせずやっちゃうし、思ったことはなんでもすぐ言っちゃう、みたいな。群れるのも苦手だったので、よくカウンセリングルームに行ってました。カウンセラーは常にちゃんと私の話を聞いてくれて、寄り添ってくれた。私の味方でしたね。担任の先生よりももっと近いというか、自分のことを理解してくれた人でした。それで、子どもながらに「こういう仕事もあるんだ」とスクールカウンセラーに憧れたんです」と語っています。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  3. 3

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  4. 4

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  7. 7

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  8. 8

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。