記事

世代を超え再評価熱高まる田嶋陽子さん「時代が追いついた」

1/2
男性陣をタジタジにしてきた田嶋陽子氏(撮影/菅井淳子)

政治家として活動した時代も

「漢字の『人』は人と人が支えあってなんて言うけど、あれはウソだね。人というのはただひとりで立っている姿を横から見た形(※白川静『常用字解』より)。支えあう、なんてデタラメ。あとね、『親』は親が木の上に立って子供を見るというのも違う。親の位牌を作る木を選んで、それで作った位牌を見て拝んだ形。それが漢字の語源。

【別写真】国会議員として国会議事堂の前に立つ田嶋陽子氏

 みんな自分に都合いいように好き勝手言うけど、全然違ったりする。だから女の人はもっと勉強して人の言いなりにならないこと。やっぱり女性誌は、そういうことを発信しないといけないよ」

 3月下旬、まだ寒さの残る東京都内の取材場所に懐かしい早口の言葉が響く。金のメッシュにカラフルなスカーフ、ビビッドなイエローのコートをまとってこの場に颯爽と現れたのは、田嶋陽子さん(78才)。

 実年齢より20才も30才も若々しく感じられる彼女は、現在、テレビ出演やトークショーはもちろん、シャンソン歌手としても活躍。絵と書道をミックスした「書アート」にも熱中し、ひとりで暮らす長野・軽井沢と東京を往復する忙しい毎日を送る。

 時代の変化とともに、ふたたび脚光を浴びることになった「怒れるフェミニスト」は、紅茶を一口のむと一息に言い放った──。

 1990年代に彗星のごとく登場して歯に衣着せぬ物言いで注目を集め、あっという間にお茶の間の人気者になった田嶋さん。

 そんな彼女を“再評価”する声が日増しに高まっている。

 きっかけは2019年秋だった。創刊まもないフェミニスト雑誌『エトセトラ』が「We Love 田嶋陽子!」と銘打って一冊丸ごと田嶋陽子特集を組んだこと、そして1992年に出版された田嶋さんの著書『愛という名の支配』が新潮文庫で復刊されたことを機に、新聞、ラジオ、雑誌などが続々と田嶋さんをフィーチャーするようになったのだ。

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  6. 6

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  7. 7

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  8. 8

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。