記事

コロナ対策所得補償も日本は世帯単位、世界は個人単位 風俗業は対象外

政府・与党は、昨日3日、新型コロナウイルスの感染拡大によって所得が一定程度減少した世帯に対する支援策として、1世帯30万円の現金を給付することを決めました。給付金が早く届くよう、自己申告制とするそうです。世帯の構成人数の平均は2.27人ということを念頭に置いた、と自民党の岸田政調会長は述べています。対象世帯の線引きなどは、この週末につめるとのこと。

2月以降、月収が前年同月より減り、住民税非課税世帯の水準まで年収換算で落ち込むと見込まれる世帯などの案が検討されている、ということです。単身世帯には厳しくする、とも言われていますが、日本では依然として「世帯単位」で考えられていることが、世界水準からずれていると思います。配偶者控除や年金の第3号被保険者の問題などを、政治に携わっていた時にも常に指摘していたのですが。マスクの1世帯2枚も呆れると述べましたが、所得補償については、世帯の人数にバラつきがあり、もっと深刻な問題だと思います。

世界各国を見ると、NOBORDER調べで、各国とも1人当たり、現金給付をする国は、韓国が約8万5千円、米国が約11万円、香港が約14万円、シンガポールが最大24万円、イタリアが約30万円、ニュージーランドが約45万円です。休業補償をする国は、ドイツが賃金の60%、デンマークが賃金の80%、フランスが賃金の84%、スペインが賃金の100%となっていて、いずれも1人当たりです。日本では、世帯単位という問題点と、低所得世帯に限ったため、対象になるのは約5分の1の世帯といわれていて、これで困っている人を救済できるのか疑問です。

また、厚生労働省が、子どもの世話で仕事を休んだ保護者向けの助成金を新設しましたが、風俗業などで働く人は対象外としたことは問題です。これでは、職業差別になり、様々な事情で風俗業で働いている人がいるのに、暴力団員などと並んで排除する考え方には、納得できません。より公平、公正に対応してもらえるよう願っています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。