記事

安倍総理が考える現金給付の難しさ

新型コロナウイルスに対する経済対策の中で、現金給付をどのようにするかが注目されています。

これに関して、報道では政府与党で合意に達したと。その内容を見ると、一世帯あたり30万円、一定の所得制限を設けながら、収入が一定程度下がった世帯を対象にするということです。

具体的にどのような基準となるかは、詳細を見てみなければわかりませんが、収入が一定程度下がった世帯を対象とするというのは、実務的にはかなり難しいことではないかと思います。

なぜなら、収入が一定程度下がったということを判定するための、元々の基準となる収入をどう定めるかという点からして難しい。

いつの収入と比べるのかとか、さらには収入が時期によってかなり上下に振れる人もいらっしゃるでしょう、その場合にどの収入を基準とするかとか。判断は難しい。

また、これが元々の収入だということを、どうやって証明するのか。不正が生じる可能性はないのかとか。これも相当難しい。

ちょっと考えただけでも、これだけの難しい問題がります。

安倍総理は、このような難しさをどのようにして克服しようというのでしょうか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。