記事

コロナ休園続くテーマパーク TDRとUSJが狙う「反転攻勢」

1/2
休園続く東京ディズニーランド(時事通信フォト)

休園続くユニバーサル・スタジオ・ジャパン(時事通信フォト)

 新型コロナウイルス感染拡大の防止策として休園が続く全国のテーマパークや遊園地。東西の2大テーマパークである「東京ディスニーランド」と「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」の損失額は莫大になりそうだが、それでも「再開後の反転攻勢は早いだろう」と予測するのは、ジャーナリストの有森隆氏だ。

【写真】臨時休園で人気のないUSJ

 * * *

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、主要なテーマパークは休園期間を延長している。

 東の雄、東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の2つのテーマパークについて、4月上旬までとしていた臨時休園期間を同20日以降に再延長した。これで休園期間は2月29日から2か月間に及ぶ。

 併せて、4月15日を予定していたTDLの「美女と野獣」をテーマにしたエリアの開業も延期。拡張エリアの開業時期は5月中旬以降にズレ込む見込みだ。TDRが複数の日にわたって終日休園するのは、東日本大震災直後の2011年3~4月以来、9年ぶりである。

 一方、西の王者、ユー・エス・ジェイ(大阪市)も、2月29日から臨時休業中のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の休業期間を4月12日までとした。延長はこれで3回目となる。

 USJは「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業を間近に控えている。当初は2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催前にオープンする段取りだったが、その東京五輪は最大1年延期となった。新型コロナウイルの終息が長引けば、今年最大の目玉施設の稼働開始にも影響を及ぼしかねない。

 TDK、USJとも、ゴールデンウィーク前に再開できるかどうかが大きなポイントとなる。夏までコロナ感染は終息しないとの見方もあり、先行きは不透明だ。

 それでも、コロナが鎮静化すれば、TDRとUSJの反転攻勢は早いと見られている。抜群の集客力を誇っているからである。ボトムからの回復力について、データを基に分析してみたい。

◆2か月の休園で機会損失はどのくらい?

 TDRの2019年3月期の来園者数は3255万人。前年より8%増え、4年ぶりに過去最高を更新した。1日当たり8万~9万人が訪れており、休日には10万人以上の来園者をコンスタントにキープしている。

 投資家が注視するのは休園が業績に与える影響よりも、その後の回復力だ。テーマパークの復元力といってもいい。

 オリエンタルランドの2020年3月期の連結営業利益の予想は、2019年3月期比16%減の1088億円と、もともとマイナス成長を見込んでいた。コロナ休園が2か月続くことになり、従来予想の大幅な下方修正は避けられないが、考えられるすべての損失を一気に吐き出し、2021年3月期にV字回復を目指すのが賢い経営判断である。

 これは極論になるが、下方修正の額が大きくなればなるほど、2021年同期の利益はプラスの方向への振れ幅が大きくなる。オリエンタルランドの加賀美俊夫会長、上西京一郎社長も絵に描いたようなV字回復を狙うだろう。

 参考になるのは、東日本大震災直後に休園した際の影響だ。2011年3月期に「災害による損失」として97億円を計上した。アナリストは「休園が2か月続けば、大人1人7500円のチケット分の利益だけで300億円程度の営業利益の下振れ要因になる」と試算している。2020年3月決算で営業利益の目減りが300億円をかなり上回るようなら、それは経営陣の先行きに対する自信の表れと考えたらいい。

 回復は早いと見る市場関係者が多いのは、新アトラクションが目白押しだからである。

◆2500億円を投じた8つ目の新エリア

 TDSに設ける8つ目の新エリア「ファンタジースプリングス」の開業を2023年度としている。2500億円を投資した「アナと雪の女王」のアトラクションなどを導入する。今回の拡張は、3400億円を投じてTDSを2001年に開業して以来の大規模なもので、営業エリアは2割程度増える。

 新エリアには「アナ雪」の世界観を体験できるアトラクションに加え、ディズニー映画「塔の上のラプンツエル」や「ピーター・パン」をテーマとする4つのアトラクションを新設する。

◆750億円をかけたTDL史上最大のプロジェクト

 また、2020年4月15日にはTDL内のファンタジーランドを拡張した「ニューファンタジーランド」やディズニーホテルのオープンを予定していたが、コロナ感染の拡大で、5月中旬以降に延期した。こちらは2017年4月から約3年、750億円かけたTDL史上最大のプロジェクトだ。

「美女と野獣」をテーマにしたエリアには、ベルが住む村の入口にベルの父モーリスの家「モーリスのコテージ」(ファストパス発券所)、その先の村の中心にはガストンの噴水、ガストンの酒場をモチーフにしたレストランやショップなどが並び、映画の中に入り込んだような感覚を体験できる。

 森の方へと進むと美女と野獣の城がそびえ立ち、その中のアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」は日本のオリジナル。映画で使われた名曲に合わせて踊るように動くライド(魔法のカップ)に乗り込み、音楽につつまれながら、ロマンティックなストーリーに沿った映画の名シーンをめぐる。

 映画「美女と野獣」をテーマにしたエリアを抜けて、さらに森の奥へと進むと、TDL初となる本格的屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」にたどり着く。ここではミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちがライブパフォーマンスを繰り広げるため、オープン前から注目度が高まっている。

◆再開後は「振り替え入園」が増える

 オリエンタルランドは、TDLとTDSの入場料を2020年4月から値上げすると発表していた。消費増税に伴うチケット価格の改定を除けば、値上げは4年ぶり。大人の1日券を7500円から8200円に、中高生は6500円から6900円に引き上げる。小人は4900円を据え置く。

 チケット価格を値上げしても同社は2021年3月期の入園者が過去最高(3255万人)を更新すると想定していた。これはコロナ・ショックで休園する前の想定だ。もちろん、今回の休園が長引けば入園者数は、それだけ減少することになる。

 それでも、回復力は速いだろう。TDRが一時的に利用できなくなると、反動による“振り替え来園”が増える傾向にあることを、過去の事例が証明しているからだ。2019年10月の台風で週末に休園した際は、再開後の翌週は2日連続で入園制限がかかるほど人が押し寄せた。

 投資家たちの視線は、新型コロナ後のOLCの成長再加速に向いている。

あわせて読みたい

「ディズニーランド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。