記事

「マスク在庫あります」東京でも行列せず買える? “ディープな噂”を検証してみた - 安田 峰俊

1/2

 4月1日、安倍首相は日本中の全世帯に対する布マスク「2枚」の配布を発表し、内外に戸惑いの声が広がった。言うまでもなく、この一件の背景にあるのは、昨今の長引くマスク不足問題だ。

【写真】東京で“並ばずに”買えたマスクたちの写真を見る(全8枚)

 日本のマスク不足は中国国内で新型コロナウイルスの流行が伝えられはじめた1月20日過ぎから急速に進行し、2月上旬からは地方でもほぼ買えなくなった。

 3月15日になって、ようやくマスクの転売が禁止されたものの、ごくまれにドラッグストアなどでマスクが販売される際には長蛇の列ができる。多くの人は、数少ないマスクを洗濯やアルコール消毒で使いまわしていることだろう。

コロナ・パニックにともなう各種品物の入荷状況を伝えるドン・キホーテ北池袋店の店内看板。マスクの品切れは深刻だ

 だが、実は都内でもまだマスクが手に入るエリアが存在する。それは在日外国人たちのコミュニティだ。一般の日本人があまり近寄らないディープなコミュニティになるほど、その内部ではマスクが堂々と流通している。

ディープ中華ビルの「マスク在庫あり」

 まずは中国人の世界をご紹介しよう。在日中国人は大きく分けて、1960年代以前に日本に定着している老華僑と、1970年代の改革開放政策以降に日本に来た新華僑がいる。前者の老華僑は戦前期から横浜や神戸のチャイナタウンを作ってきた――。が、彼らはかなり日本社会に馴染んでおり、チャイナタウンにも日本人が近寄りづらい雰囲気はまったくない(むしろ観光名所になっている)。

 対して「ディープなコミュニティ」を形成しているのが新華僑たちだ。特に首都圏では、池袋の旧北口付近や埼玉県西川口などに新たなチャイナタウンが形成されているほか、新大久保・高田馬場・上野・小岩などにも半チャイナタウン化したエリアがある。街のなかにすこし深く潜れば、広がっているのは中国語オンリーの世界だ。

 マスク販売の噂があるのは、そうした地域にある雑居ビルだった。このビルは各フロアがほぼすべて中国系の飲食店やスーパーで占められており、なかにはドラッグストアもある。このストアで、毎日午後3時になるとマスクが売られるらしい。

「マスク買えるんだよね?」7、8人の列が……

 そこで4月2日午後2時50分、私が当該の店に向かうと、すでに7~8人が店外に並んでいた。会話の声を聞く限り、並んでいるのはすべて中国人のようで、私たちの後にも数人がやってきた。

 とはいえ、街のドラッグストアでしばしば数十人~100人近くがマスクを求めて列をなしているのと比べると、人数はかなり少ない。本当にここで買えるのか不安になってくるが、列に並ぶ人たちに中国語で「マスク買えるんだよね?」と聞くと、さも当然のような表情で「そうだよ」と返事がくる。

 午後3時2分ごろに店内入店を許された。店員が「距離をとって並んで!」と中国語で注意するなか、人々が向かう先は店の奥にあるコロナ対策用品コーナーだ。

 棚の上にあったのは、「やわらか快適マスクPREMIUM」(くらしリズム)の通常サイズ40枚入り2箱と、小さめサイズ40枚入り2箱。さらにユニ・チャームの「超立体 かぜ・花粉用ふつう」7枚入りが10袋ほどだった。

約20分で「超立体」7枚を入手

「やわらか快適マスクPREMIUM」の箱は列の先頭の人がすぐに買ってしまったので価格は不明だが、「超立体」は買うことができた。コロナ流行前は1袋が398円だった商品が560円だ。

 すこし高いとはいえ、ネット上の転売屋の売価と比べればはるかに許容範囲内の価格である。どうやら限られた同胞向けに、良心的な価格で売っているらしい。

 レジで会計を済ませたのは午後3時9分。おおむね20分間で日本製の高品質マスクをゲットできた計算だ。並んでいる人数が少なかったため、列の末尾まで「超立体」が行き渡っていた。

 棚にはほかにも、一般のドラッグストアではしばしば品切れ状態になっている手洗い用アルコールジェル(300mlで1760円)のほか、「首からかけるウイルスブロッカー」のような効果が怪しいものも含めて、さまざまな抗ウイルス製品が売られていた。

 看板やチラシで「武漢加油(武漢がんばれ)」の文字が強調されているのを見ると、おそらく1月中旬~2月ごろまでに販売が始められ、現在も続いているのだろう。

新大久保のネパール系店でマスク山積み?

 いっぽう、現在の東京都下におけるマスク入手先としてひそかに注目されているのが、インド周辺国家(ネパール・バングラデシュ・パキスタン)を中心とした南アジア系のコミュニティだ。特に興味深いのが新大久保である。

 新大久保と言えば韓国人街のイメージが強いが、一昔前までは中国人がかなり多く、池袋に次ぐ「プチ・チャイナタウン」の雰囲気があった。だが、近年の新大久保は中国系の人たちが去り、かわりにテナントに南アジア系の商店やレストランが入ることで、街の表情が大きく変わってきている。

 私が新大久保駅に降り立ってしばらく歩くと、店頭に大量のマスクを積み上げているネパール系の雑貨店を見つけた。売られているのは50枚入りで1箱3500円のマスク(青と白の2種類)と、10枚1袋で750円の白マスクだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  6. 6

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。