記事

【現地リポート】一人目の新型コロナウイルス感染者からわずか1週間で外出禁止令 ハワイから学ぶ「人と人が180センチ以内に近づかないこと」

1/2

ハワイ在住のフリーアナウンサー、荒川れん子です。

ハワイ時間4月2日でオアフ島に自宅待機令(事実上の外出禁止令とも言われています)が発令されてから11日目を迎えました。現時点で確認されたハワイの感染者は285人。うち2人が亡くなっています。

自宅待機令翌日の人もまばらなワイキキ

徐々に広まっていった不安

ここまでの経緯を簡単に振り返ると、2月下旬にハワイ州がコロナウイルスによる影響を懸念し、念のため2週間分の水、食料、生活必需品などの備えを呼びかけた後からトイレットペーパーの品切れが始まりました。まだこの頃はハワイ内で感染者は確認されておらず、それほど危機感は蔓延していなかったため、むしろ買いだめに疑問や批判的な意見も飛び交うくらいでした。

スーパーマーケットのトイレットペーパー棚は空っぽ

その後、3月上旬に大規模なイベントの中止が続々と発表されると、各事業に影響がでてきたため、不安が少しずつ広がり始めました。

3月16日にハワイで初めての感染者の確認が発表されました。翌3月17日、ハワイ州知事が30日間にわたるハワイへの渡航自粛を要請しました。観光産業が主なハワイにとって、1ヶ月にも亘り観光客の自粛を求めることは経済的打撃が大き過ぎると、かなりの動揺が広がります。この頃から激動の日々が始まり、刻々と変わる状況から目が離せない状態になりました。

最初の感染者発表からわずか1週間で外出禁止に

3月18日、ホノルル市長が、市内のバー、クラブの閉鎖とレストラン内での飲食を禁止し、テイクアウトとデリバリーのみの営業に制限することを要請。しかも実施は2日後の20日午前8時30分からと急だったため、飲食業界は対応に追われました。

3月21日、州知事がハワイに到着する全ての住民と旅行者に対し14日間の自己隔離を3月26日から命じると発表。同じく3月26日から日本政府がアメリカからの入国者に2週間の待機要請実施を発表したため、ハワイ滞在中の日本人旅行者の間では予定を繰り上げて急遽帰国手続きをする人が続出しました。

3月23日16:30より4月30日までの予定で、オアフ島で自宅待機・在宅勤務令開始。

3月25日からはハワイ州全体でも自宅待機・在宅勤務令が開始。

3月26日にはハワイに到着する住民・旅行者全員に対する14日間の自己隔離命令が始まりました。

ハワイ最初の感染者が確認されてからわずか1週間余りであっという間に外出禁止になったのです。ハワイに来て14年目を迎えた私ですが、未だ日本の体制の印象が染みついているためか、アメリカは決めるのも実施に移すのもとにかく早くて、行政ってこんなに早く動けるのかと驚くばかりでした。

「どうしても必要な外出」にサーフィンが含まれるハワイ

実質の外出禁止令である自宅待機・在宅勤務令は、いわゆる生活に不可欠なサービスや商品を提供している機関(病院・医療サービス、飲食店、スーパー、銀行、メディア、ガソリンスタンド、公共交通機関、郵便・配送サービス業など)を除き、原則全ての従業員は在宅勤務、また、どうしても必要な外出以外は自宅待機というものです。

郵便局の窓口はビニールシート越しで対応

違反者には最高5,000ドルの罰金か1年以下の禁固刑、もしくはその両方を科される場合もあります。だからといって外出したら即警察に捕まるということではありません。物々しい雰囲気はそれほど感じませんが、施行直後はまだ認識が甘い方も多かったのか、ホノルル警察によると4月1日までに9人が逮捕され、180の違反チケットが切られたそうで、徐々に外出は本当に必要最低限にしなくてはという認識が強まっています。

ビーチパークでは警察官が帰宅を促すためにパトロール中

『どうしても必要な外出』は何を指すかというと、医療機関への受診をはじめ、食料や日用品の買い出し、散歩・ジョギングなどのエクササイズ、そしてハワイらしいのがサーフィンも含まれていること。でもハワイの公園は全て閉鎖されているので、サーフィンのためにビーチパークを横切ることはOKでもビーチパーク内で散歩・ジョギングをするのはダメですし、公園でたむろするのも違反となります。

ショッピングセンターから人が消えた

「買い出しはOKだからといって毎日お買い物に行くのではなく、どうしても必要な時だけという意味です」とホノルル市長から再度の呼びかけもありました。今は街中の外出では犬の散歩やジョギングをする人など、通常の日曜の早朝程度に人がいるのを見かけるくらいです。

いつもは多くの人で賑わうアラモアナセンターは人影がなく怖いくらい

観光地であるワイキキは見違えるほど閑散としていますし、アラモアナセンターもごく一部のお店(テイクアウトをしている飲食店や食品店など)しか営業していないため不気味な雰囲気があります。

通常空きスポットを探すのに苦労するアラモアナセンターの駐車場もガラガラ

治安的にも不安を感じるので、ひと気のない場所へは近づかない方がいいでしょう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  5. 5

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  6. 6

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  7. 7

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  8. 8

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  10. 10

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。