記事

世界中がコンドーム不足の危機…日本の現状をオカモトに聞いた


オカモトの茨城工場(同社提供)

 感染が拡大している新型コロナウイルスの影響は、予想外の場所にも出始めている。世界最大のコンドームメーカーであるマレーシアの「カレックス」が、新型コロナウイルスの影響で、生産を停止せざるを得ない状況に追い込まれたのだ。

 カレックスは、世界のコンドーム量の5分の1を生産している。自社ブランドというより、イギリスの「デュレックス」などにOEM(相手先ブランド名による製造)供給している隠れた大メーカーだ。

 3月27日、同社のゴー・ミア・キアットCEOが、ロイター通信の取材に対し「コンドームの世界的な不足を目にするだろう」と警告。新型コロナによる活動制限令を受け、マレーシアの3工場が1週間以上の稼働停止に追い込まれ、供給量は1億枚も減少したという。

 いったんは生産再開の特別許可が得られたが、労働力は半減。「工場の立ち上げには時間がかかるだろうし、半分の労働力では、需要に追いつくのに苦労することは目に見えている」との懸念を明かした。活動制限令は、少なくとも4月14日まで続く見通しだ。

 では、日本の生産状況はどうなっているのか。

 コンドームメーカー「オカモト」の広報担当者に聞いたところ、「現状は、生産停止という事態にはなっておりません。工場は日本国内に加え、中国、タイにありますが、いずれの工場も問題なく稼働しています。今後の展開は断言できませんが、今のところ、生産・販売に影響は出ておりません」とのことだ。

 仮に、世界でコンドーム不足になった場合、他国にコンドームを配布することは可能なのか。

「オカモト製品は、多くの国で販売されています。例えば中国・香港・台湾及びタイ・シンガポールなどの東南アジアではトップ3のブランドに入っており、要請があれば出荷は可能です。

 ただし、日本の場合、薬機法の規制の中で医療機器としてコンドームを生産しています。同様に、各国も同様の規制を行っており、これまで輸出してこなかった国にすぐに出荷するのは、正直厳しい部分があります。」(広報担当者)

 望まない妊娠を防ぎ、性感染症を予防するためにもコンドームは不可欠だ。いざという場合には、各国で助け合う対応が必要になってくるかもしれない。

あわせて読みたい

「性産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  6. 6

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。