記事

全世帯に布マスク2枚配布「アベノマスク」はなんだか日本的な暖かい政策

4月1日、安倍首相は全世帯に布マスクを2枚ずつ配布することを決定しました。

マスクに関する首相発言を官邸サイトより抜粋(文中太字は『木走日記』付記)

 マスクについては、政府として生産設備への投資を支援するなど取組を進めてきた結果、電機メーカーのシャープがマスク生産を開始するなど、先月は通常の需要を上回る月6億枚を超える供給を行ったところです。更なる増産を支援し、月7億枚を超える供給を確保する見込みです。

 他方、新型コロナウイルス感染症に伴う急激な需要の増加によって、依然として店頭では品薄の状態が続いており、国民の皆様には大変御不便をお掛けしております。全国の医療機関に対しては、先月中に1,500万枚のサージカルマスクを配布いたしました。さらに、来週には追加で1,500万枚を配布する予定です。加えて、高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには布マスクを確保し、順次必要な枚数を配布してまいります。

 本日は私も着けておりますが、この布マスクは使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能であることから、急激に拡大しているマスク需要に対応する上で極めて有効であると考えております。

 そして来月にかけて、更に1億枚を確保するめどが立ったことから、来週決定する緊急経済対策に、この布マスクの買上げを盛り込むこととし、全国で5,000万余りの世帯全てを対象に、日本郵政の全住所配布のシステムを活用し、一住所あたり2枚ずつ配布することといたします。

 補正予算成立前にあっても、予備費の活用などにより、再来週以降、感染者数が多い都道府県から、順次、配布を開始する予定です。

 世帯においては必ずしも十分な量ではなく、また、洗濯などの御不便をお掛けしますが、店頭でのマスク品薄が続く現状を踏まえ、国民の皆様の不安解消に少しでも資するよう、速やかに取り組んでまいりたいと考えております。

新型コロナウイルス感染症対策本部(第25回)
令和2年4月1日
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202004/1corona.html?fbclid=IwAR3W5HxwVZQ6KYRyynh9-UFNZuohdWjPP0tvn18lAgQ52WlMS-mqcu2Erdk

今週に入り国会中継で安倍首相がマスクを着用しているのを見て、「あれずいぶんと古風なマスクだなあ」と、小学校の給食当番みたいだと失礼な印象を持ったのですが、そうですか、これが国民に配布する洗濯可能再利用可能の布マスクでしたか。

さてこの全世帯布マスク2枚配布ですが、早速ネットでも賛否両論議論が湧き起こっていますね、誰が付けたかこの政策に「アベノマスク」と命名したり。

批判者は「またも医学的根拠のない安倍首相のパフォーマンス」、「コスパの合わない愚策」、「コロナ対策の優先順位一番が布マスク配布なのか」と、徹底的に批判しています。

で、朝日新聞が例によってこの安倍政策「アベノマスク」に強烈な批判記事を掲載します。

布マスクは有効? WHOは「どんな状況でも勧めない」
https://www.asahi.com/articles/ASN424D52N42ULBJ003.html?iref=com_rnavi_arank_nr01

この朝日記事ですが、とっても「へんてこりん」なんです、タイトルでは布マスクは「どんな状況でも勧めない」としていますが、記事の結論では公衆衛生学の教授の「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と、タイトルとは真逆なのです。

 聖路加国際大学の大西一成准教授(公衆衛生学)も「布マスクには他者からの感染を防ぐ効果はまったく期待できない」と話す。布マスクとの間に不織布を挟むというアイデアもあるが、顔との間に隙間ができてしまうため、効果は限定的という。ただ、大きな飛沫をせき止め、のどを保湿する可能性はあるため「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話す。

つまり目の粗い布マスクでは新型コロナウイルスは通り抜けてしまうので、感染してしまう予防にはつながらないが、自分が感染者だった場合に他人に感染を移さない効果はあるのですね。

BBCによれば、WHOもマスクの着用に関する見解を修正する検討を始めたようです。

(参考記事)
マスクを着けるべきなのか? WHOが最新研究を検討
https://www.bbc.com/japanese/52130818

ここで冷静に議論を分けたいのは、確かに医療現場で目の粗い布マスク着用は無意味でしょうが、市中での布マスク着用は、「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」(大西一成准教授)、つまり医学的に見てコロナウイルス抑制効果があるわけでしょう。

現在のマスク不足が「アベノマスク」で解消するのかわかりませんが、私は支持したいです。

布マスクが醸す給食当番のような古さやノスタルジーを感じさせるレトロ感もよろしいと思いますし、今後市中感染の広まりで増加するであろう、サイレントキャリア(無症状感染者)が、ウイルスを飛沫させてしまうことに、ささやかでも抑制できればと期待します。

世界に先駆けて、全ての家庭に布マスクを2枚配布、「アベノマスク」なんだか日本的な暖かい政策ではないでしょうか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。