記事

森喜朗がばらした安倍首相の「東京五輪1年延期」の賭けの勝算

 森喜朗元首相は正直な人だ。

 すべてをばらしてくれた。

 きょう4月3日の朝日新聞で、あの東京五輪1年延期の決定の直前に行われた自分と安倍首相と会談の中身をばらしてくれた。

 極めつけは安倍首相が語った次の言葉だ。

 いわゆる、「安倍首相は賭けに出た」と森喜朗がかつて語った、その真意である。

 森氏は、安倍首相が1年延期というから、「2年にしておいた方がいいのではないですか」と聞いた。

 森氏の頭の中には、その時までにコロナ危機が収まるかどうか心配だったからだ。

 そして、森氏の頭には21年9月の総裁選直前の東京五輪になるから心配だったのだ。

 ここまでは、これまでの報道で報じられた森氏の発言だ。

 ところが、きょうの朝日のインタビュー記事で、はじめて森氏は次のような安倍首相の肉声を暴露したのだ。

 ワクチンの開発はできる、日本の技術は落ちていない、大丈夫だ。政治日程のことなどあまり気にしないでくれ、これでいいんだ、1年でいいんだ、

 そう安倍首相は明快に森首相に言ったというのだ。

 この言葉を聞いて、森氏は、「安倍首相は2021年に賭けたんだよ」と思ったのだ。

 安倍首相はワクチンといったらしいが、それは必ずしもワクチンに限らないだろう。

 安倍首相にはワクチンでも特効薬でもなんでもいいのだ。

 ワクチンに打ち勝つ処方箋が見つかればコロナ騒ぎは終わる。

 要するに安倍首相は、コロナ危機を終わらせる方法が1年以内に見つかる、その技術は必ずある、と考えたのだ。

 もちろん、確たる根拠はない。

 だから「賭け」なのだ。

 しかし、賭けに負けてもいい、負けて任期の終了が早まってもいい。

 そう安倍首相は覚悟したのだ。

 それが、1年延期しか選択肢はないと決めた背景なのだ。

 自分の運気は自分で試す。

 そう覚悟したのだ。

 覚悟した時点で人間は強くなれる。

 数ある治療薬候補の中で、アビガンが最有力治療薬として急浮上している。

 そして、きのうのワシントン発共同が決定的に重要なニュースを流した。

 米国の政治サイト「ポリティコ」が3月31日に報じたと。

 日本で開発されたインフルエンザ薬「アビガン」を米国の感染者に投与できるよう、米政権幹部らが食品医薬品局(FDA)に迫っているが、その背景には安倍首相がトランプ大統領に薦めたからだと。

 トランプ大統領にとっても治療薬は喉から手が出るほど必要だ。

 日本ではむつかしいアビガン投与が米国で行われ、効果を発揮し、そしてトランプ大統領のおかげで安倍首相は賭けに勝つ。

 そして森喜朗氏も自らの1年延命の賭けに勝って2021年夏の東京五輪を見ることができる。

 それを示唆するきょう4月3日の朝日新聞の森喜朗氏のインタビュー記事である(了)

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  10. 10

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。