記事

コロナ禍による初めてのリモートワークで、ありがちなルール違反3つ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、注目されているのがリモートワーク。これを機に、実際に在宅勤務に切り替わった人も多いことでしょう。けれど、そんな中今改めて考えたいのが新しい働き方ゆえの新しいマナー。今月はリモートワークをするうえで気をつけたい礼儀についてです。

彼女のペットの子犬と家で働く若い女性※写真はイメージです(写真=iStock.com/lechatnoir)

本当にベストな仕事ができる環境かどうか

新型コロナウイルスの感染防止にリモートワークは有効な手段。今まさに多くの企業が取り入れ、この先の働き方に一石が投じられようとしています。

これまで朝の準備や通勤に使われていた時間が有効活用でき、満員電車に乗る必要もない——リラックスした環境の中、仕事を進めることができるリモートワークにはメリットも多いのですが、だからこそ気をつけたいマナーがあるのはご存じでしょうか?

まずは「きちんと仕事ができる環境が整っているかどうか」を確認すること。自宅とはいえいつもどおり信頼のおける仕事をするには、パソコンはもちろん、Wi-Fiや必要な機材・資料などの環境が整っているかどうかを把握することは基本中の基本。

一見、当然のことのように思えますが、急激な勤務体制の変化に伴い、これができていない人が結構多い。

たとえばプライベートではまったく支障のなかった家庭用Wi-Fiなどでは、通信速度が遅いためスムーズに仕事が進まず、意外なところでトラブルが起こっている事例も多いというし、フタを開けてみたら資料がない、データが足りないということで、結局出社するはめになった人も。

本来リスクを下げ、仕事の効率を上げるための働き方であるにもかかわらず、これではせっかくの取り組みも逆効果。自宅であろうがオフィスであろうが、環境を整えることはイコール仕事へのプロ意識の表れ。

まずは仕事の相手に負担をかけないよう、また、自分でも心地よく仕事ができるように入念な準備をするのが基本です。

ルーズな働き方は自宅でもマナー違反!

また、「労働時間が乱れがち」になるのもリモートワークの落とし穴。ある程度自分のペースで仕事ができるというのが利点ではありますが、気をつけなければそれは一気にデメリットへと転落してしまうから要注意です。

目覚まし時計とコンピューター※写真はイメージです(写真=iStock.com/A_teen)

たとえば始業時間前の電話や深夜にSNSでメッセージを送るなど、本来だったら非常識な時間に連絡をとってしまったり、どう考えても残業しなければ間に合わないような、プライベートに割り込むほどの仕事量を依頼してしまったり……。

相手の顔が見えないぶん、要求がつい独りよがりになってしまいがちなのもリモートワークのひとつの盲点。

気が緩むぶん、おのおのの場所で働く仲間への気遣いもなおざりになってしまうところですが、だからこそやはりマナーは大切。就業時間が自然と意識されるオフィスでの仕事以上に、時間に対してシビアな考えを持つべきです。

隣同士に座ってなんとなく空気感を読み取れる日常の業務とは違い、リモートワークには“相手を思いやる想像力”がより必要となってくるのです。

そんなときこその「身だしなみ」

そして、もっとも見落としがちなのが「身だしなみ」について。職種によってはオンライン会議がマストな場合もあるでしょうが、いくら自宅からの参加だからといっても、手抜きメイクに部屋着では、あまりに周りへの配慮が欠けています。

身にまとうものは自身の士気を高め、同時に相手への敬意につながります。ジャケットを羽織るべきとまではいいませんが、生活感の出ない装いを意識することは最低限のマナー。「自宅だとなんとなく気合が入らない」「いつもの調子が出ない」のは、その服のせいかもしれないのです。

ちょっとしたことですが、着るものでやる気が出たり、反対にどこか集中できないのは気のせいではありません。リモートワークの長所を最大限に生かしながら仕事の成果につなげるためにも、自宅勤務のときこそ身だしなみに気をつけましょう。

今回の未曾有の事態を機に、この先ますます増えるであろうリモートワークという働き方。そこで求められる新しいマナーをいち早く身につけて、どんなときでもスマートに仕事ができるエグゼクティブをめざしましょう。

----------
乙部 アン(おとべ・あん)
執筆家
女性ファッション誌のフリーエディターをしながら執筆家としても活動、いくつかの連載を掛け持ちする。現在ブログ「ANNE MAGAZINE」にて、大人の女性に役立つファッション・仕事・サステナブル・独自の人生哲学を発信するほか、パーソナルスタイリングやファッション講座などを定期的に開催。直近では得意なことを極めて本当の人生を歩みたい人へ送る、4/18(土)の「LIFEスタイリング・ノート」の参加を募集中。
----------

(執筆家 乙部 アン 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。