記事

コロナショックは「付き合ってはいけない人」を見分けるリトマス試験紙

[画像をブログで見る]

<お知らせ>【登録者数1200名突破!】2020年2月から、ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

政府がコロナ対策として打ち出した、布マスクを一世帯に2枚ずつ郵送するというアイディア。とても評判が悪いようです(画像はネットから)。

あるいは、ライブハウスや飲食店に対する経済対策がなかなか出ないと、政府や都道府県に対して怒っている人もいます。

どうやら、コロナショックで、ストレスから精神的に不安定になっている人が増えているのかもしれません。

しかし、何でもいちゃもんをつけて、あれもダメこれもダメと言っているのを聞いていると、「じゃあ、あなただったらどうするの?」と逆に聞いてみたくなります。「対案のない人」の批判は、ネガティブな気分に包まれるだけで、何の価値もありません。

また、専門家でもないのに、評論家気取りで「対案」を書いている人もいます。しかし、そこには何の責任もありません。

一見、無能で愚鈍に見える政治のリーダーであっても、そこには重い責任があります。、

コロナウィルスで国内が医療崩壊しても、逆に厳しい行動制限を課して国内が経済崩壊しても、最終的に批判にさらされ、責任を取るのはリーダーです。

もちろんリーダーも人間ですから、間違えることがあるかもしれません。しかし、少なくとも思い付きで布マスクを配っているのではなく、様々な情報や意見を聞いた上で、総合的な視点から最善と思われる判断をしているはずです。

そもそも、そのようなリーダーとなる政治家を選んだのは、私たち有権者です。文句を言うなら選挙で投票しなければ良いのです。あるいは、自分が立候補して政治家になってはどうでしょうか。自分たちが選んだのに、その舵取りに逐一茶々を入れるのは、筋違いです。

また、公的な経済支援プログラムは、ありがたいことですが、それは当たり前のことではありません。公的機関がサポートするのが当然と思っている人が多いのにも驚きます。

会社の規模に関わらず、経営者であれば、自分の会社を政府に頼ることなく自分で守る。それが基本的な責務です。

国や自治体が助けてくれないから、自分の会社が倒産したと言うのは、自分が経営者として無能でしたと言っているのと同じことです。

こんな風に、ネット上で誰かを批判したり、揚げ足を取ったりするのを見ると、情けない気分になるのは私だけでしょうか。

コロナショックは、そんな「付き合ってはいけない人」を見分けるリトマス試験紙です。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年4月3日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。