記事

新型コロナで“レジャー危機” 旅行業界は9割以上キャンセル…娯楽産業や飲食店に補填を

 新型コロナウイルスの影響による消費の落ち込みが止まらない。ビックデータ解析・分析を行うナウキャストとJCBが、クレジットカード決済データを使った消費活動実態調査『JCB消費NOW』の3月上旬の速報を発表。レジャー、百貨店、飲食店における消費が減少の一途をたどっている。

【映像】新型コロナ、消費にどれくらい影響? 3月上旬の消費動向〔図〕



 『JCB消費NOW』が発表したレジャー関連業種の消費金額対比のキャンセル金額比率によると、「旅行」は消費金額の95%がキャンセル。「映画館」も前年比マイナス63.4%の落ち込み、「遊園地」も前年比マイナス96.9%と、娯楽消費の落ち込みが分かる。また、データは3月前半における予約時点の金額算入のため、4月に入った今、さらに落ち込んでいる可能性が高い。

 同データの業種別消費指数(3月前半速報・前年比)を見ると、百貨店は前年比マイナス9.1%、居酒屋も前年比マイナス11.4%と落ち込み。一方、外出自粛の影響か、前年と比べてスーパーは14%の増加、酒屋も6.5%、EC業界も4.1%増加した。喫茶店・カフェも5.1%の増加と、テレワークをきっかけに消費が増えたと見られている。



 このデータを受けて『けやきヒルズ』(AbemaTV)のコメンテーターで社会起業家の牧浦土雅氏は「喫茶店やカフェは、3密(小池百合子東京都知事の『換気の悪い密閉空間』『多くの人が密集』『近距離での密接した会話』を控える提言)の“密集”を満たしていることがあるため、テレワークにそもそも向いていない」と危惧。続けて「百貨店、飲食店などは、もともと利益率が低い業界。1%や2%減るだけでも相当な打撃になる。このあたりは政府の強い補填が必要」と訴えた。

 働き手の生活に直結する新型コロナウイルスの影響。補填を求める声が続々と上がっている。

(出典:ナウキャスト/JCB ※2020年3月1日~3月15日の速報データ)
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎動画:遊園地は前年比マイナス96.9%……消費の落ち込みに補填望む声

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。