記事

新型コロナ「収入減・支出増Wパンチ」で壊滅する家計3パターン

1/2

新型コロナウイルスの影響が長期化しそうだ。それにあわせて家計へのダメージも懸念される。3月18、19日に実施されたある家計調査では、「薬・衛生用品」「内食・中食」「ゲーム・書籍・コミック」「動画・音楽の配信サービス」の支出額が増えた上に、収入も減少。家計へのWパンチでファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏は「想定外の支出が増えて、一気に赤字転落する世帯が増えそうだ」という——。


※写真はイメージです - iStock.com/philipdyer

コロナ騒動による収入減・支出増のWパンチに加え、4月から値上がり

新型コロナの感染拡大に歯止めがかからない。

連日、新型コロナ関連のニュースを見るたびに、明日はわが身かという不安な日々を送る読者も多いだろう。自分や家族が感染し、重症化した場合、死亡リスクもゼロではない。しかも、隔離されて家族と会えないまま亡くなる可能性だってあるのだ。

今回のコロナ騒動で影響が不可避なのが、日本経済へのダメージ、そして私たち家計への支出増・収入減のWパンチである。4月から、家庭用の食用油や缶詰なども値上がりし、スーパーなどのレジ袋の有料化も始まった。生活コストは確実にアップするが、コロナ騒動によってどのような影響があるかは各家庭で異なるだろう。

そこでファイナンシャルプランナーとして、特に家計に大きな影響を受けやすい世帯の特徴について考えてみたい。

開店まで「5時間待ち」しないとマスクは手に入らない⁉

3月中旬のまだ肌寒い頃、関東近郊に住む田中弥生さん(仮名・30代)は、早朝の駅前で、がっくり肩を落としていた。

前日に、駅前の大手スーパーマーケット店でマスクが150個販売されるとの案内を見かけ、「もしかして買えるかも」と期待して、朝7時に家を出てきた。だが、10時開店前に店に到着したとき、すでに長蛇の列。しかも150枚の整理券の配布は7時には終わっていた。警備員によれば早い人は朝5時から並んでいたそうだ。

「開店まで5時間待ち。そんな早くから並ばないと、マスク1個も買えないなんて……」

ある程度、予想はしていたものの、これほどとは思っていなかった弥生さんは絶句した。

コロナで非正規雇用の世帯の収入がさらに減ったら……

弥生さんは、小学生の子どもと2人で暮らすシングルマザーだ。近くの介護施設で契約社員として働いており、年収は350万円ほど。生活はカツカツだ。

この日はたまたま運よく、午前中休めたので、並ぶことができたのだが、平日は仕事や家事、育児に追われる毎日。週末もたまった家事や用事を済ませるのに手いっぱいで、マスク探しに奔走する時間も体力もない。

それならばと、ネットで、マスクを検索すると、「入荷に数週間から1カ月」や、在庫があっても「50枚入り3000~4000円」というモノばかり。

弥生さんは、仕事柄マスクは必須アイテム。本来は、1日2枚は必要なのだが、在庫が残りわずかになってきた最近では、1枚でしのいでいる。

「ほんの数カ月前まで、近所の量販店で、1枚25円から30円くらい、50枚入り1500円程度で買えていたのに……。私にとって、マスクは必需品。とはいえ、子どもの小学校が休校になって、食費や光熱費、家庭学習用の教材費なんかもバカになりません。必要なものとはいえ、できるだけ安く買いたいんです」

しかも、弥生さんが勤務する介護施設から、新型コロナの感染者が出ようものなら、施設閉鎖の可能性もある。自宅待機で働けなくなれば、非正規雇用の弥生さんの家計は、一気に困窮してしまうだろう。

今、困っているのは「時間」も「お金」もない人

この弥生さんと同じく、マスクを買い求めて大手スーパーに並んでいたのは、スーツ姿のビジネスパーソンや子連れの主婦、高齢者、学生など、さまざまな年代や属性の人だった。

今や、どの家庭でもマスク不足が深刻ということだろうが、ドラッグストアで働く知人に聞くと、毎朝並んでいるのは高齢者や主婦層が多いという。

実は「お金」と「時間」は密接な関係にある。お金のない人は、時間をかけて安いマスクや食料品を探し求めて、お金を節約しようとする。逆に時間のない人は、割高な商品で躊躇(ちゅうちょ)なく購入して時間を節約する。

後述するが、弥生さんのように、「働かなくては食べていけない」「収入や預貯金も多くない」といった時間もお金もない大多数の国民が、今回のような不測の事態に陥った場合に、最も家計に影響が出る可能性が高い。

一方で、年金収入など毎月決まった収入があり、時間にも余裕のある高齢者は、「時間」も「お金」もある人の代表格だといえる。

もちろん、高齢者といえども、公的年金だけで生活できず、働いて収入を得ている方も少なくないし、時間やお金があっても、体力的に買い物に出られない方など、一様でないことは承知の上と前置きしておきたい。

いずれにせよ、今回の新型コロナのような予期せぬ事態に急に見舞われた場合、必要な品を探し求める時間があったり、それらをある程度、備蓄できたりする、時間とお金のある人あるいはやりくりできる余裕のある人は、マスク入手のために苦しまなくてもよいのだ。

新型コロナの影響で家計が壊滅しかねない3つの家計とは?

時間もお金もない人が困っている可能性が高いが、具体的にどんな世帯が影響を受けやすいか考えてみよう。主に以下の3つのパターンが予想される。

その1:非正規雇用でマンパワーが不足するひとり親家庭

厚生労働省の調査(※)によると、シングルファーザーの場合、正規雇用が圧倒的に多い。父子家庭の場合、正規雇用87.1%(平均年収約426万円)、非正規雇用12.9%(同175万円)だった。

※厚生労働省「ひとり親家庭等の現状について」(平成27年4月20日)

一方、同じひとり親であっても、前出の弥生さんのように、子どもと母親からなるシングルマザー家庭は、非正規雇用の割合も高く、家計を持続させる体力が脆弱(ぜいじゃく)だ。

同省の調査では、母子家庭の場合、正規雇用43%(同約270万円)、非正規雇用57%(同約125万円)となっている。正規雇用就業率・収入いずれも母子家庭のほうが低い水準であることが歴然だ。今後、会社から自宅待機するように要請があり、その影響で収入が減るようなことがあれば、たちまち家計は火のクルマ、もしくは破綻するリスクもある。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  10. 10

    トランプ退場で強行? イラン暗殺

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。