記事

米失業保険申請が最多更新、前週比倍増の665万件 新型コロナで


[ワシントン 2日 ロイター] - 米労働省が2日発表した3月28日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は664万8000件と、前週の330万7000件(上方改定)から倍増し、2週連続で過去最多を更新した。

新型コロナ感染拡大防止に向けて全米の多くの地域で施行されている外出制限措置が背景で、エコノミストは米経済のリセッション(景気後退)入りを警告する。

市場予想の中央値は350万件。最高でも525万件だった。

21日終了週の失業保険受給総数は302万9000件と、前週から124万5000件急増し、2013年7月6日終了週以来の高水準となった。

トランプ大統領が先週署名した2兆3000億ドル規模の大型経済対策法によって連邦政府の失業保険申請要件が緩和され、これまで申請資格のなかった一部の自営業者らによる申請が可能になったことも、増加の背景にあるとみられる。

労働省は、新型コロナ流行を受けた一時解雇について各州が宿泊や飲食業など幅広い業界を対象に調査を続けているとした。

指標発表を受け、ドル<.DXY>は主要通貨に対して上昇。米国株式は原油価格の急騰を受けて値上がりした。

JPモルガン・アセット・マネジメントの首席グローバルストラテジスト、デイビッド・ケリー氏は「試算では、新型コロナ流行の打撃を大きく被っている産業では1600万人超の雇用喪失の可能性がある」と予想。「こうした雇用喪失によって失業率は現在の約3.5%から12.5%に押し上げられる見通しで、これは世界大恐慌以来の高水準だ」と述べた。

また、ブリーン・キャピタルのシニア経済アドバイザー、コンラッド・デクワドロス氏は「業務停止命令の威力が示された」とし、増加の大きさを受けて、現金支給や景気対策第4弾、また米連邦準備理事会(FRB)の追加的な流動性供給策に注目が集まると述べた。

2007─09年の景気後退期には、失業保険申請件数のピークは66万5000件だった。同時期には870万人の雇用が失われた。

今回の統計は、3日に発表される3月米雇用統計の集計には含まれない。ロイターがまとめたエコノミスト予想によると、非農業部門雇用者数は10万人減、失業率は3.8%。

ロイターの集計によると、これまでに米国内で確認されている新型コロナ感染者は21万4000人超と世界最多。死者も5000人に迫っている。

現時点で、国民の80%超が外出自粛や外出禁止などの移動制限下にあり、数週間前の50%から増加した。

PNCフィナンシャルのチーフエコノミスト、ガス・フォシャー氏は「米経済はすでにリセッションに入っている」とし、「大規模な雇用喪失は経済に長期的な大打撃となる恐れがあり、将来的な景気回復を弱める」と述べた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。