記事

15年家で働いて感じる、在宅で大切な5つのこと。


考えてみれば、会社辞めてから15年以上在宅勤務なわけで、事務所を借りなかったのは単に出勤が面倒だったし、別に自宅でどうにでもなる仕事だからだと思う。辞めた頃は仕事部屋もなかったが、その後引っ越していまの部屋で12年になるのか。

そして、世の中は一気に在宅で働くようになったわけだけど、自分がしてきた習慣を書いておこうと思う。

1.出社時間ではなく出発時間から仕事する

仮に9時出社で8時に会社を出る人なら、8時から働いた方がいいと思う。そして、その分早く終わらせる。会社によって在宅時の制度は異なると思うが、可能なら早いスタートに越したことはない。通勤という不合理を実感できるはずだ。

2.ちゃんと着替える

なんとなく「ルームウェア」のようなもので過ごす人もいるかもしれないが「会社へ行ってもいい」服装で過ごした方がいいと思う。僕はずっとそうしてきた。会社辞めて間もない頃、自宅で仕事をされている文芸評論家の人と話した時、「着替えてる?」と聞かれて「はい」と答えたら「だったら大丈夫」と言われた。いろんなフリーランスを見てきたようで、どうも「ちゃんと着替えない」人はダメらしい。だったら、事務所を借りた方がいいそうな。もちろんスーツの必要はないだろうけど「人に会う」くらいの格好ということ。

3.コンビニめしは食べない

僕は1人の昼飯は冷凍したご飯を温めて自分で作ったぬか漬けとか、冷蔵庫の常備菜を食べる。あるいは外に食べに行く。自分でこさえても、外へ出ても気分転換になる。自炊すると健康管理もしやすい。そう考えるとコンビニの食事は、なんとなく仕事からのけじめもつかない。パソコンの前で、そのまま何かを頬張ったりしてると効率はかえって落ちると思う。

4.カフェで仕事をしない

気分転換で外に行くなら、いったん仕事は忘れて読書した方がいいと思う。場所を変えたら何か閃くとか期待しない方がいい。会社員時代に見てて思ったけど、すごく仕事のできるクリエイターはたいがい自分のデスクで考えていた。環境を変えればいいと思ってるとすれば、それは夏休みの宿題を図書館でやろうする中学生と同じ発想じゃないかな。あれって、結局大して進まないでしょ。

5.決まった時間歩く

歩数はスマートフォンで記録できるし、1万とは言わないけど歩くことは大切じゃないかと。パソコンの前だと「作業」になって、それで仕事をした気になるけど、本当に構想やアイデアを考えるなら、画面から離れるのも1つの手だと思う。

まあ、人それぞれだと思うけど参考になれば。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  6. 6

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

  7. 7

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

  8. 8

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  9. 9

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ワクチン接種 大混乱生む可能性

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。