記事

水溜りボンドがラジオを、佐藤健がYouTubeを始めたのはなぜ? コロナショックで顕著になったテレビとWEBの逆転現象

1/2
4月から水溜りボンドさんがYouTuber初の『オールナイトニッポン0』木曜日のパーソナリティーに就任。木曜2部はかつて明石家さんまさんが担当していた枠でもあり、歴史的な抜擢です。一方、3月20日には俳優の佐藤健さんがYouTubeチャンネルを開始。チャンネル登録者数は早くも150万人を超えました。これ、ちょっと違和感ありませんか? なんか逆になってませんか? 芸能人YouTubeレーベル日本一を目指す放送作家がこの逆転現象を考察してみます。


放送作家の谷田彰吾です! 2回目のコラムになります。 前回は『芸能人YouTube元年!ブームの最前線で闘う放送作家が嫉妬するあのチャンネルの凄さを語ります』という記事で江頭2:50さんのYouTubeチャンネルについて考察しました。

僕はテレビだけでなく、Wednesdayという自分の会社で「デジタルメディアレーベル」というサービスを立ち上げ、芸能人のYouTubeでの活動をプロデュースする仕事もしています。現在、芸人のMr.都市伝説 関暁夫、講談師の神田松之丞あらため神田伯山、元メジャーリーガーの上原浩治など、20近いチャンネルを運営中。先日、全チャンネルの合計登録者数が100万人を突破しました。僕はこのジャンルで日本一を目指して奮闘しております。

ここ最近、芸能人のYouTubeへの進出がどんどん加速していて、女優の柴咲コウさん、芸人の東野幸治さん、渡辺直美さん、AKB48の柏木由紀さん、メジャーリーガーの前田健太選手など、ビッグネームの参入が相次いでいます。そして、あくまでも噂ですが、テレビのゴールデンタイムに番組を多数抱えるあの超大物芸人がYouTubeをスタートするという話を耳にしました。

もしも本当なら、江頭2:50さんが打ち立てた芸人さんの登録者100万人突破最速記録である9日を塗り替えるかもしれません。中田敦彦さんが達成した200万人も軽く達成してしまうかもしれません。それほどの大物までYouTubeを目指すということは、もう一過性のブームではなく新しいスタンダードになっていると言えるでしょう。

そんな中、冬の大ヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』で“魔王”と呼ばれる超ドSなエリート医師を演じた俳優の佐藤健さんもYouTubeチャンネルを開設しました。テレビでヒットを飛ばした直後というもうこれ以上ないタイミング。しかも、初回は生配信で『恋つづ』のヒロイン・上白石萌音さんをゲストに招くという周到さ。同業者としては、うらやましすぎる完璧な立ち上げです。

超人気イケメン俳優の素に近いトークが生で楽しめるわけですから、一撃で100万人登録を達成しました。僕にとっては、また嫉妬してしまうチャンネルの誕生です(笑)

しかし、イケメン俳優として確固たる地位を築いている佐藤さんが、わざわざYouTubeを始めるのは少々不思議だと思いませんか? 柴咲さんも、東野さんも、渡辺直美さんもそうです。すでに地位も名誉もお金もある大物芸能人にとって、YouTubeにはどんなメリットがあるのでしょうか?

芸能人はYouTubeを目指し、YouTuberはレガシーメディアを目指す不思議

BLOGOS編集部

一方、ここ最近テレビやラジオといったレガシーメディアと呼ばれる媒体に、YouTuberが多く出演しています。その筆頭とも言えるのが、フワちゃんでしょう。

現在、チャンネル登録者数58万人。大物タレントにも超フランクに接してしまうぶっとんだキャラクターがウケて『行列のできる法律相談所』『踊る!さんま御殿!!』『ゴッドタン』など様々なバラエティ番組にひっぱりだこ。

YouTuberのテレビ出演と言えば、数年前からHIKAKINさんが出るようになりましたが、「YouTuberって何者?」「どうやって稼いでるの?」という世間の疑問に答えるべく、YouTuberの代表として出演することが多かった印象です。

役割のせいもあるのでしょうが、正直テレビでのHIKAKINさんは動画のポテンシャルを発揮していたとは言えませんでした。やはりテレビ独特のトークの文化に入ると、芸人さんなどを凌駕するのは難しいのです。

しかし、フワちゃんはもともとワタナベエンターテインメント所属の芸人さん。生粋のYouTuberとは一味違う。いわば芸人とYouTuberのハイブリッド世代が出てきたということです。テレビに脈々と受け継がれるタメ口きいちゃう系女性タレントの系譜にYouTuberという新鮮さが加わり、なおかつテレビを見ないと言われる若年層への拡散力も期待できる。だからテレビ出演が急増しているわけです。

生粋のYouTuberも次々とレガシーメディアに進出しています。チャンネル登録者数514万人の東海オンエアさんは2月に『ダウンタウンDX』に出演。チャンネル登録者数426万人の水溜りボンドさんは、『オールナイトニッポン0』のレギュラーパーソナリティーに就任しました。伝統あるオールナイトニッポンにおいてYouTuberがレギュラーを務めるのは初めて。

ちなみに、僕がとある出版社の編集者に聞いた話では、ある雑誌で水溜りボンドさんを特集したところ、歴代トップ3に入る売り上げを記録したそうです。それほどの人気と影響力があれば、今回の抜擢も納得。…ではありますが、それはラジオ局側から見たメリット。水溜りボンドさんクラスなら、毎年ウン千万どころじゃない金額を稼いでいるはずですから、ラジオというちょっと地味なメディアに進出するのは、一見メリットがわかりません。

さらに、この流れを象徴する動きがもう一つ。先月までチャンネル登録者数198万人(現在登録者数非表示)だったヴァンゆんさんは、所属していたYouTuber事務所のUUUMを辞め、なんと芸能事務所の太田プロダクションへ移籍しました。これだけの大物YouTuberが芸能事務所に移籍するケースは異例中の異例。

しかし、そのかいあって現在はテレビ番組への出演が急増しています。ここに書いたのはあくまで一例ですが、YouTuberのレガシーメディアへの進出もまた、加速しているのです。その意図はいったい何なのでしょうか?

あわせて読みたい

「YouTuber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  6. 6

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  7. 7

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  8. 8

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

  9. 9

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  10. 10

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。