記事

野田佳彦首相、玄葉光一郎外相は韓国に遠慮は不要、堂々と竹島領有権を国際司法裁判所に提訴すればよい

◆日本海にある日本の領土「竹島」(竹島島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地、現在は、韓国軍が不法占拠=軍事占領し実効支配中)に、李明博大統領が8月10日、不法上陸した。韓国の内政に何が起きているかの如何にかかわらず、世界の衆目監視のなかで、一国の大統領が日本の領土に、白昼堂々と不法上陸するというのは、いかにも日本に対して挑発的である。

 日本の歴代政府は、自民党長期単独政権以来、事を荒立てないという「事無かれ外交」を続けてきた。このため、韓国軍の不法行為のなすがまま、好き勝手をさせてきた。その果てに、この体たらくである。とくに民主党政権には、在日韓国人、在日朝鮮人から違法献金の提供を受けてきた国会議員(前原誠司政調会長、菅直人前首相ら)が数多くいると見られ、その見返りに「地方参政権の付与」運動を推進している。おまけに、1965年6月22日に締結した日韓基本条約と付属の協定調印により解決済みの問題までぶり返されてきた。慰安婦問題もその1つである。これは、韓国政府自体が処理する問題であり、日本が言いがかりをつけられる筋合いはないので、毅然として無視すればよい。 

 それにしても、日本政府は、1982年6月26日、新聞各紙が、高校社会科教科書の検定で「侵略」が「進出」と書き換えられたと誤報したのを真に受けて、当時の宮沢喜一官房長官(後に首相)が、韓国や中国など周辺諸国に謝罪して以来、弱みを握られて、軟弱外交を続けてきた。歴史認識、歴史教科書、靖国神社公式参拝問題などを追及されて、その都度、円借款やODA(政府援助)資金をムシリ取られてきた。韓国の慰安婦問題もその延長線上にある。

 ちなみに、私は、1979年5月1日から1981年4月30日までの丸2年間、文部省の記者クラブに配属されていたので、その後も文部記者会内での動きを聞かされていた。そこで、私も担当した谷垣専一元文相(大平正芳内閣、いまの谷垣禎一総裁の父、自民党派閥「宏池会」所属)の事務所駆けつけて、誤報の事実を伝えた。谷垣専一元文相はビックリしていた。だが、時すでに遅しで、宮沢喜一官房長官は、周辺諸国に謝罪したばかりであった。このため、この問題は、誤報の上で行われた謝罪が、撤回されることなく、今日にまで尾を引いてきた。

 さらに、今回ついに李明博大統領は、ロシアが日ソ不可侵条約に違反して軍事占領している北方領土問題、中国が虎視眈々と狙っている尖閣諸島について、野田佳彦政権が軟弱外交に終始している足元を見透かして、竹島に不法上陸した。

 これは、野田佳彦首相が、8月15日(終戦記念日=敗戦記念日)に靖国神社に参拝すると伝えられてきたのに、これをいまになって、「見送る」という姿勢に転じたのを、李明博大統領が、すかさず捉えたものと見られる。はっきり言えば、「野田は、口ほどでもない」と侮ったのであろう。

◆さすがの「どじょう首相」も、頭にきたのか、泥から首を出して、反撃に出てきた。本当のところは、選挙区である千葉4区の船橋市市内にある在日韓国人経営者(国籍は不明)から、数千万円もの巨額の政治献金をもらっていると有権者の間で取り沙汰されているくらいでもあり、どこまで本気がどうかは不明だが、玄葉光一郎外相に「韓国の竹島不法占拠を国際司法裁判所に提訴しろ」と指示した。

 産経新聞MSN産経ニュースが8月11日午前10時7 分、「国際司法裁に提訴検討 玄葉外相が対抗措置表明」という見出しをつけて、以下のように配信している。  
「■国際社会にアピール 玄葉光一郎外相は11日午前、韓国の李明博大統領が島根県・竹島を訪問した対抗措置に関し『国際法に基づく紛争の平和的な解決のための措置を検討したい』と述べ、同島の領有権問題について国際司法裁判所(ICJ)への提訴を検討する考えを表明した。提訴が実現すれば昭和37年以来50年ぶり3回目となる。提訴は、竹島について『領土問題は存在しない』とする韓国側に対し、国際社会に日本の正当性をアピールする狙いがある。ただ、日本が過去2回提訴したケースは、いずれも韓国側がICJへの付託に同意しなかった。ICJでの裁判開始には相手国の同意が必要で、今回も韓国側が応じるかどうかは不透明だ。玄葉氏は11日午前、外務省で記者団に対し「ICJで日本側の主張をより明確に行うことで、国際社会に理解していただく必要がある」と説明した。

 ■新組織設置も 玄葉氏は『領土問題に対する抜本的な政府の態勢整備を検討する』とも表明した。すでに野田佳彦首相、藤村修官房長官と協議に入っており、関係省庁と新組織設置に向けた調整を行う。新組織は、竹島のほか、中国が領有権を主張する沖縄・尖閣諸島、ロシアが不法占拠する北方領土なども対象とし、省庁横断的に政府全体で領土保全策を検討する。両国政府間の相互訪問に関しては、玄葉氏は『領土問題には領土問題でというのが基本だ』と主張。政府は今月下旬にソウルで予定されている閣僚級の日韓財務対話を延期する方針を決めているが、毎年相互に行われ、今年は日本側が訪韓する順番となっている首脳間交流の見直しには慎重な姿勢を示した。玄葉氏はこれに先立ち、10日夜に一時帰国した武藤正敏駐韓大使から李大統領の竹島上陸に至った韓国国内の情勢分析を聴取。佐々江賢一郎外務事務次官も交え、追加的な抗議措置についても意見交換した。玄葉氏は武藤氏の帰任時期について、記者団に『韓国側の対応も見ながら検討したい』と述べ、一時帰国が長期化する可能性を示唆した」
◆この際、野田佳彦首相は、靖国神社に首相として正々堂々と公式参拝すべきである。韓国も中国も経済力をつけてきているので、従来のように、「歴史認識、歴史教科書、靖国神社公式参拝問題」などを持ち出して、日本に対して「乞食外交」「恐喝外交」を続けることは、もはや必要になくなってきているのだ。

 「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使」を「国際紛争を解決する手段」として「永久に放棄」している日本国憲法第9条の下で、日本政府ができるのは、「国際司法裁判所に提訴すること」であり、これが最善の道である。これからは、奇妙な配慮はいらない。「権利の上に眠る者は保護されず」というのは、民法の上だけの法律概念ではない。国際法の上でも基本的な法律概念であることを忘れてはならない。

あわせて読みたい

「韓国大統領の竹島上陸」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  6. 6

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  7. 7

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  8. 8

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  9. 9

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  10. 10

    金メダルでも冷静な柔道の大野将平にみる人間力 日本人の素晴らしさを再確認

    コクバ幸之助

    07月27日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。