記事

14歳少年、母を暴行した男を殺害…新型コロナで荒む北朝鮮

国際社会の制裁、度重なる自然災害に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国境封鎖で八方塞がりの北朝鮮経済。その影響をまともに受けているのは貧しい人たちだ。

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、苦境に追い込まれた農村の少年が借金取りを殺害するという衝撃的な事件を伝えた。

14歳の少年は、家族とともに道内の价川(ケチョン)の農場に住んでいた。昨年夏の端境期に食べるものが底をついたため、農場の倉庫長からコメ50キロを借りた。秋の収穫後に利子を付けて返す約束だった。

北朝鮮の刑法は、カネを貸して利子を取ることを禁止しているが、実際は当たり前のように行われている。また、取り締まりを避けるために現金ではなく穀物を貸し借りする例も多い。

(参考記事:農民も借金取りも途方に暮れる北朝鮮の農村の冬

秋になって農場から穀物が分配されたが、とても借金を返せるほどの量ではなかった。日照りと台風で凶作となったせいだ。母親は倉庫長に事情を説明したが、口論になった。倉庫長は「返せないくせに食べるだけ食べやがって」などと暴言を吐き、髪を乱暴に掴んで暴行した。

(参考記事:借金取りに追われる北朝鮮の農民「返せない」と開き直る

そこにちょうど、学校から帰宅した少年がその場面に出くわしてしまった。激憤した少年は、倉庫長を殺害するに至った。

北朝鮮の刑法268条は、被害者の暴行または侮辱により偶発的に人を殺害した場合は、3年以下の労働教化刑に処すと定めており、少年にはこれが適用される可能性がある。しかし、被害者の暴行の対象が少年ではなかったことから、267条の故意的軽殺人罪が適用され、3年以上10年以下の労働教化刑に処される可能性もある。

(参考記事:北朝鮮で少年少女の「薬物中毒」「性びん乱」の大スキャンダル

昨年から食糧事情がよくないのに加えて、新型コロナウイルスのせいで商売もうまくいかず皆が苦しい状況で起きた今回の事件に、周りの人々は心が重いとの反応を示しているという。

北朝鮮では、返済を迫られた債務者が借金取りを殺害する事件は、毎年のように起きている。

(参考記事:北朝鮮の20代女性、ヤミ金業者を殺害

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。