記事

「日本モデル」に踏み込んだ専門家会議「分析・提言」

1/2

  昨日4月1日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が会合と記者会見を開いたが、その内容は『新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年4月1日)としてダウンロードできるようになっている。https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000617992.pdf

 記者との間の質疑応答には、的を外したやりとりが多々あったように見えた。メディア関係者はもちろん、全関係者が読むべき報告書だ。

 注目したいのは、専門家会議が、「日本モデル」という概念を使い始めたことだ。
 前回3月19日の「提言・分析」では、「我々としては、『3つの条件が同時に重なる場』を避けるための取組を、地域特性なども踏まえながら、これまで以上に、より国民の皆様に徹底していただくことにより、多くの犠牲の上に成り立つロックダウンのような事後的な劇薬ではない『日本型の感染症対策』を模索していく必要があると考えています。」(10頁)といういささか奥ゆかしい表現が用いられていた。https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf

 これについて、私は、「ここで言われている『日本型の感染症対策』とは何なのか、まだ明確ではない感はある。『専門家会議』にとっても、『模索していく』ものにとどまっているようだ。しかし、そろそろ『日本モデル』の意味を、はっきりと意識化させていきたい。」と書いた。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71284?page=3

 もちろん専門家会議は、「日本型の感染症対策」の中身について、一貫した語り口を持っている。そこには三つの重要領域がある。クラスター対策、医療体制、国民の行動変容である。この三つのそれぞれにおいて、日本は、他国と比して独自性を持ち、高い水準にある方法を持っている。それは素晴らしいことだ。疑いなく、これまでの感染の爆発的拡大の抑制に貢献してきている三要素だ。

しかし、私が言ってきているのは、そこを日本人自身がよく意識化していかないと、支援も行き届かない、ということだ。何と言っても、政治家が、自分の国のコロナ対策が何なのかわかっていないような状況では、支援策が重点領域に届くはずがない。

「コロナ疲れ」が三つの領域のそれぞれで起こってくると、「日本モデル」は現実に負け始めて、持ちこたえられなり、崩壊していく。それを回避するためには、絶えず三つの領域のそれぞれに支援強化策を注入していく必要があり、支援策の動員には戦略の意識化が必要なのだ。

ところが日本人自身が「日本モデル」が何なのかをわかっていないような状態なので、支援強化策が始まらず、まさに疲弊が蓄積され始めているのが、現状であろう。

 今回の4月1日『分析・提言』は、「日本モデル」という概念を提示し始めてくれた。私の文章を読んでくれたからではないだろうが、いずれにせよ、それはとても良いことだ。

 ――――――――――――――――

世界各国で、「ロックダウン」が講じられる中、市民の行動変容とクラスターの早期発 見・早期対応に力点を置いた日本の取組(「日本モデル」)に世界の注目が集まっている。(11頁)

 ―――――――――――――――

 ただし、専門家会議の報告書は、「日本モデル」に関する「分析・提言」となっていない。そのため、こうした象徴的な「日本モデル」に言及した文章が、より具体的な分析や提言と切り離された形でのみ記述されてしまっている。率直に言って残念だ。記者との質疑応答でも、「結局、日本モデルとは何なのか、どうして存在するのか」についてのやり取りは、あまりうまくかみ合っていなかったように見えた。https://www.youtube.com/watch?v=50-sux3BdDo 

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    預貯金者は今からインフレ備えよ

    澤上篤人

  3. 3

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  7. 7

    自民重鎮 黒川氏の行動に不快感

    深谷隆司

  8. 8

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  9. 9

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  10. 10

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。