記事

昭恵夫人お付き秘書は出世 森友「関係官僚15人」のその後

森友運営の幼稚園を家宅捜索する大阪地検特捜部(時事通信フォト)

森友問題「関係官僚15人」の出世と左遷完全追跡

 森友学園をめぐる改竄の全責任を負ってクビになった佐川宣寿氏(元国税庁長官、元財務相理財局長)に、いまや次期財務次官の本命と目される太田充氏(財務省主計局長、元理財局長)。赤木俊夫・元近畿財務局上席国有財産管理官(享年54)は、文書改竄を佐川氏から指示されたことなどを遺書に残し、自殺した。ほかにも、森友問題は数々の官庁、全国の役人たちの人生を大きく変えた。

【ひと目で分かる】森友問題「関係官僚15人の出世と左遷」完全追跡

 佐川氏と対照的なのが、理財局長だった彼とともに改竄に手を染めたその部下らだ。

 上司である佐川氏の指示を忖度し、改竄作業では、「過剰に修正箇所を決め」(亡くなった赤木氏の手記)ていったとされる小役人根性丸出しの人々だが、中尾睦・理財局次長は現在横浜税関長、中村稔・理財局総務課長は駐英公使、冨安泰一郎・理財局国有財産企画課長は官邸に呼ばれて内閣官房参事官、田村嘉啓・国有財産審理室長は福岡財務支局理財部長とそろって順調に出世している。

 本省からの指示を受けた赤木氏の同僚である近畿財務局の3人は出世の明暗を分けた。

 本省からの指示に戸惑う部下たちに、「全責任を負う」と言って改竄をやらせた美並義人・近畿財務局長は、「そんなことは言っていない」と逃げて東京国税局長に栄転。不正に手を染めることに悩む赤木氏に対し、当初は「応じるな」と言いながら本省の圧力に負けて「やむを得ない」と応じざるを得なかった楠敏志・管財部長は出世できないまま退職した。

 赤木氏の直属の上司である池田靖・統括国有財産管理官は、一切の沈黙を守って管財総括第3課長に出世している。

◆注文付けた官僚は退官

 国会答弁をしくじった官僚の処遇は容赦ない。森友学園への国有地の売却にあたって、評価額を大幅にダンピングした国土交通省では、国会答弁を迷走させた佐藤善信・航空局長はすぐに退職させられ、現在は“閑職”の運輸総合研究所理事長に天下り。佐藤氏とともに対応にあたった平垣内久隆・航空局次長も出世コースからは外れている。

 森友改竄問題渦中にNHKに出演して「部分的に検証できないような状況は問題がある」と注文をつけた河戸光彦・会計検査院長もその後退官、現職は不明だ。

 見栄も外聞もかなぐり捨てて安倍首相個人に忠誠を尽くす姿勢を示さない限り、出世も好条件の天下り先も与えられない。

 そしていま、“この世の春”を謳歌しているのが2人の女性官僚だろう。経産省から内閣府に出向して昭恵夫人の“秘書役”を務め、森友学園への視察にも同行したのが谷査恵子・課長補佐。国有地売却にからんで夫人にかわって財務省に問い合わせ、その結果を籠池泰典元理事長にFAXするなど夫人の関与を知るキーマンだが、3年間の予定で駐イタリア大使館一等書記官として赴任中だ。国内の喧騒を離れて“悠々自適”の厚遇を与えられた。

 一番うまく立ち回ったのは森友事件捜査にあたった山本真千子・大阪地検特捜部長ではないか。

 女性初の特捜部長として鳴り物入りで捜査に乗り出したものの、籠池夫妻を逮捕しただけで問題の財務官僚たちを全員不起訴にして捜査を終わらせた。

 その“功績”により同期トップで函館地検検事正に出世、現在は大阪地検次席検事で将来は大阪地検検事正から関西検察のトップ、大阪高検検事長への大出世コースに乗ったとみられている。

「捜査をやるぞ」と権力者をビビらせ、最後は手加減して恩を売るのが検察組織ならではの出世の秘訣のようだ。

 公僕としての矜持を捨てて「安倍」を守った者は出世し、「安倍夫人」を守れば大出世するが、守りきれなければ左遷。「国家のため」に動けば赤木氏のように追い込まれる。かくして、「正直者はを見る」官僚組織となり、国のために働こうという役人がいな

※週刊ポスト2020年4月10日号

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  5. 5

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  6. 6

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  7. 7

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  8. 8

    東京中心・東京目線のコロナ対策 石破茂氏「意図的にすら思える」

    石破茂

    04月16日 18:54

  9. 9

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  10. 10

    ウィグルなどの中国人権問題について日本企業はどういう態度で望むべきか?

    倉本圭造

    04月16日 19:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。