記事

温室効果ガス削減目標 日本引き上げなしで提出

地球温暖化防止のための国際ルール「パリ協定」に基づく、温室効果ガスの削減目標について、政府は、昨日30日、「2030年度までに13年度に比べて26%削減する」という現在の目標を引き上げずに、再提出することを決めました。

気候危機が顕在化している中、国連のグテーレス事務総長は、各国に再三、目標の引き上げを呼びかけていました。日本は、世界第5位の主要排出国なので、要請に応えないことは、温暖化防止の気運に水をさすと言われています。

現在、世界中に広がっている新型コロナウイルス感染症も、温暖化が進んでいることで、新しい型のウイルスが出てきている、と指摘する専門家もいる、と報じられています。そうした中、目標を引き上げないことは、理解できません。新型コロナウイルス騒ぎの中で、小さくしか報じられず、全く報じていないメディアもありますが、必要な情報だと思います。

政府は、今年11月に英国で予定されている第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)までに温暖化防止に向けた対策を追加提出し、5年を待たずに削減目標の見直しを目指す、とのこと。小泉環境相は、「意欲的、野心的なことを目指すと明記できたことは大きい」と述べています。

経済界寄りの安倍首相のもとで、力の弱い環境省がどこまで頑張れるかということもありますが、発信力のある小泉氏には、もっともっと頑張ってもらわなければ困ります。作業を開始する宣言を盛り込んだそうですが、中身が問われると思います。こうした大事なニュースが、コロナ騒ぎで報じられなくなっていることは、心配です。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。