記事

米新型コロナ感染患者、糖尿病や心臓疾患などの持病目立つ=調査


[31日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)が31日公表したリポートによると、新型コロナウイルス感染で入院した患者の基礎疾患では、糖尿病、心臓疾患、慢性的な呼吸器疾患が最も多くみられた。ただ、重症化して集中治療室(ICU)に入った人の中でも、約20%はそうした持病がなかった。

CDCは、7162人のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)患者の初期段階のデータを分析した。それによると37.6%は何らかの基礎疾患を抱えていた。

ICUにいる患者で基礎疾患がある人は78%だった。うち、糖尿病を抱えている人は32%、循環器疾患は29%、慢性肺疾患は21%、慢性腎臓病は12%、免疫システムが低下している人は9%だった。

ICUに入っていない入院患者でも71%は基礎疾患があった。

一方、入院していな感染者で基礎疾患がある人は27%だった。

ただ、基礎疾患がなくてもICUで治療が必要だった人は22%で、持病がなくても重症化するリスクがあることが明らかになった。

CDCは、基礎疾患の程度が重症化リスクとどのように関連しているかはまだ分かっていないとしている。

米国では、成人の10.1%は糖尿病、10.6%は心臓疾患、5.9%は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の持病があり、喘息を患っている人は全ての年齢層で7.9%と推計されている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。