記事

「コロナ重症化の背景はタバコ?」志村けん死去でテレビが伝えにくい”真実”

1/2

 多くの人々に愛された志村けんのあまりにあっけない死。死後に遺体が近親者が触れることもできないまま袋づめされて荼毘に付されたことは改めて新型コロナウイルスの怖さを思い知らせることになった。

 志村けんの死で新型コロナウィルスがどのようにして肺に炎症を起こしていくのかが注目されている。

 各テレビ局の情報番組などでは3月31日の放送でそのプロセスをくわしく説明していたが、

喫煙の習慣との新型コロナ重症化の関係が注目された。 

 以下、主な番組でこの点についてどのような説明があったのかを見てみよう。

ヘビースモーカーだった一面を指摘したフジテレビ『とくダネ!』

 番組では52歳当時の志村けんのインタビュー(2002年4月23日『とくダネ!』)映像を放送。そのなかで志村がインタビューの最中にタバコをくゆらせる場面もあったのが印象的だ。

 志村けんの兄・知之さんは「4年前に肺炎になってからお酒もだいぶ減らしてタバコも1日3箱吸っていたのが全然吸わなくなった」と話していた。

 スタジオに出演した二木芳人・昭和大学特任教授は志村けんも受けた人工心肺装置のECMO(エクモ)の治療について説明しつつ次のように解説した。

(二木特任教授)

「特に若い方はこれで頑張っている間にだんだんよくなるというケースはあるんですが、

やはりお年を召した方は難しい部分がある。

70歳というのはそれほど高齢でもないんですが、志村さんの場合、おそらくですね、さきほどもちょっと出てきました。

お兄さんもおっしゃっていましたが、

かなりヘビースモーカーで

今はお止めになっていたようですが、

少し肺にダメージがあったんじゃないかなと」

 MCを務める伊藤利尋アナウンサーが志村けんの「過去の病歴」をまとめたボードを示しながら、50年来の親交があった歌手・女優の由紀さおりに尋ねている。

(伊藤アナ)

「確かに持病というのは言われるところで

志村けんさんは2016年に禁煙をされてということですが、

由紀さん、相当、おタバコは吸われていたようですね?」

(由紀さおり)

「そうですね。

(『8時だョ!全員集合』『ドリフ大爆笑』などで)

一つのネタを作るのもすごく時間がかかって・・・

稽古をするからって、私たち(共演者が)呼ばれて待っているんですけれども、結局そこで何をどうやるかというのが決まらなくて、『ごめんね・・・』ということになって、私の場合はいかりや長介さんが口立てで、『こういうことでこういうことでこういうふうに持っていこうと思う』と。

『後でちゃんと台本を明日来たら渡せるようにするから』と言って、3、4時間待っても(ドリフの)ネタが固まらなくて、私たちは帰されるということがよくあったんです。

その考えている間、ずっとタバコをくゆらせているというか

そういう情景というのはいかりやさんも志村さんも本当に同じだった」

 この後で伊藤アナがECMOの話題を移したので番組でのタバコの話はここで終わった。  

 このため、視聴者からみれば志村けんの新型コロナの重症化とタバコの関係についてはあまり明確に伝わらなかった。

 一方、志村けんの死とタバコの関係を深掘りして放送したのがTBS『ひるおび!』だった。

タバコが新型コロナを重症化させた可能性を指摘したTBS『ひるおび!』

 『ひるおび!』が伝えたことは明快だった。

 ヘビーな喫煙によって人間の肺が炎症を起こして穴だらけになってしまうこと。

 加えて喫煙者は新型コロナウィルスで感染しやすく重症化しやすくなることだ。

 そして志村のように禁煙生活を4年続けていても大丈夫とはならないということも一般の人にとっては想定外の指摘だった。

 ゲストの倉持仁医師(インターパーク倉持呼吸器内科院長)は新型コロナ肺炎について次のように解説した。

(倉持仁医師)

「”新型コロナ肺炎”の特徴は・・・新型コロナの患者さんの特徴は、CTを見ると肺の外側に一気に炎症が広がっている。

本人に自覚がなくても急速に悪化する

 肺は右肺が上葉・中葉・下葉、左肺が上葉・下葉の5つに分かれている。

 倉持医師によると通常の肺炎は5つある中の1か所で炎症を起こすもので多くても2か所だという。

 ところが新型コロナ肺炎は5か所すべてで炎症を起こし、その外側が一気に炎症を起こすのだという。

 番組では長年志村と親交があった歌手の由紀さおりが出演。

 ''志村けんが多いときには1日60本を吸うチェーンスモーカーだったこと'''を明かした。

 2016年に肺炎で入院した後には禁煙を続けていたという志村。

 禁煙した後にも強く残ってしまうタバコの害に焦点を当てて、番組では専門家にも話を聞いた。

(恵俊彰キャスター)

「タバコってこれ、倉持先生、どうなんですか?」

(倉持仁医師)

タバコの中にはいろいろな発ガン物質が含まれていたり、いろいろな物質が肺の奥まで入っていくんですけども、そうしますと

肺の中でいろいろな炎症が起こる。

炎症が起こるというのはどういうことかというと、肺の中にたくさん傷ができますから

ウイルスにとっては非常に入りやすいですし、

増殖しやすいですし、

コロナウイルスもそういう性質を持つようですが、他の細菌でも

喫煙者の方は一般的に重症化しやすい。

あるいは

治りにくい。

あるいは

後遺症が残る

ということはよく見られることですから、やはりこれを機に

ぜひ禁煙をしていただくといいと思います」

 恵キャスターが”禁煙の効果”について質問をぶつけた。

(恵俊彰キャスター)

「先生ね、志村さんも2016年に肺炎を患ってからはもうタバコをお止めになっている。

それから4年も経つわけじゃないですか。

(タバコを)止めていたから大丈夫ということにはならないんですか?」

(倉持仁医師)

「ならないですね」

(恵俊彰キャスター)

「ならないんですか?」

 禁煙しても大丈夫ではない、という倉持医師。

 驚く恵俊彰キャスターに倉持医師は説明を重ねた。

(倉持医師)

「(禁煙したから大丈夫とは)ならないんですね。一定の割合で喫煙量が多ければ。

あるいはその方の体の特徴というのはあるんですが、一般的にはタバコをたくさん吸うと、

肺気腫といってたくさん穴ボコが空いてしまうんです。

タバコを止めることでそれ以上その穴ボコは増えなくなるんですが、

今まで吸っていた分でできてしまった穴は空いているんです。

 番組ではスタジオに来ていた二人の専門家の見解をフリップで説明した。

(倉持仁医師)

(北村義浩医学博士)

「タバコを吸って肺胞が壊れてしまうと元には戻らない」

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  2. 2

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  4. 4

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

  5. 5

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    訪日外国人客と踊った店主たち

    ヒロ

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    宣言解除なら東京はステップ1へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    元NHK記者が語る検察蜜月の事情

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自浄能力? 支持低下の内閣に注目

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。