記事

早急な現金給付を!

 経済成長戦略本部で、発言したもう一つの内容は、「早急に、本当に困っている方に、現金給付の実現を!」という主張です。

 提言の中にも、約10兆円を上回る給付措置を、現金給付・助成金支給を中心に、クーポン・ポイント発行等も組み合わせて、全体として実現すると盛り込まれています。

 多くの議員から、現金支給は、一日でも早い方が良いから、一律に支給し、年末調整等で、所得の高い方の対応をすればよいという意見もありました。

 私も当初は同感でありましたが、質疑を聞いていると、国民全員の所在地、振込先、本人の照合等は膨大な地方自治体も含む作業が伴い、決して、早い訳ではない。一定の、所得や条件の合意形成のもと、手上げ方式の支給が一番早い、という説明もあり、第一弾は、これがベターなのかなと感じました。

 住民税非課税世帯、児童を抱える世帯、年金受給者など、対象者を限定した、小渕内閣の頃の地域振興券は、予算が組まれ(平成10年12月11日)、全市町村で交付開始できるまで(平成11年4月1日)、約3カ月半掛かりました。

 全てを対象に拡大した麻生内閣の定額給付金は、予算が組まれ(平成21年1月27日)から、支給開始が 全市町村で開始されるまで(平成21年5月28日)、約4カ月費やしています。

 ただ、麻生内閣時の国会はねじれ国会でもありましたから、国会運営上の難題があったので一概には言えませんが。

 感染症の為、行動を制限し、人とモノの動きを止める以上、お金の流れは政策的に、取り組むことが必須です。

 早急に実現すべく引き続き取り組みます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。