記事

新型コロナとの戦い、非常に厳しい2週間になる=トランプ米大統領


[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米大統領は31日、米国民に対し、新型コロナウイルスとの戦いで非常に厳しい2週間が待ち受けていると語り、4月いっぱいは感染拡大を抑えるための行動指針に従うよう求めた。

ホワイトハウスでの記者会見で「米国民が向こう30日間指針に従うことが極めて重要だ。これは生死にかかわる問題だ」と述べた。「米国民には、今後待ち受ける試練の日々に備えてほしい」とし、その後は光明が見えてくるだろうと予想した。

トランプ氏は29日、感染拡大を抑えるための行動指針の適用期限を4月30日に延長していた。10人超の集まりや外食、出勤、高齢者福祉施設の訪問などを自粛し、衛生対策を実施するよう米国民に求めている。

ホワイトハウスの新型コロナ対策顧問を務めるデボラ・バークス氏は記者会見で、新型コロナ感染の広がりをモデル化した図表を示し、今後数カ月間で死者が10万─24万人に増えるとの予測を例示。国民が指針に従うとの前提でも同水準まで死者が増える計算で、対策が取られていなければ最大で220万人が死亡するとの推計も示された。また、全米の死者数は今後も増え、4月半ば前後にピークに達すると予想されている。

バークス氏は「すぐに効く薬もワクチンも治療法もない。効果があるのは行動のみだ。各人の行動により、今後30日間でこのパンデミックの状況を変えることができる」と強調した。

ペンス副大統領は、感染拡大阻止のための指針は効果を表していると指摘。「弱気になるべきではない」と語った。

トランプ氏は向こう30日間の自身の予定について、大半はホワイトハウスで過ごすと説明。また、政府が、ブラジルへの渡航制限を検討していると明らかにした。

米政府はこれまで、健康な人はマスクを着用しないよう促してきたが、トランプ氏はこの日、健康な人でも防護具が必要との考えを表明。ただ、医療従事者がマスクを確保できるよう、スカーフの着用を勧めた。

*内容を追加して再送します。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  2. 2

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  4. 4

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

  5. 5

    訪日外国人客と踊った店主たち

    ヒロ

  6. 6

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    宣言解除なら東京はステップ1へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    自浄能力? 支持低下の内閣に注目

    早川忠孝

  10. 10

    元NHK記者が語る検察蜜月の事情

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。