記事

東京と茨城の教育現場に異変!? いま「公立中高一貫校」が急増している理由 茨城では3年間で10校を中高一貫校化 - 「文藝春秋」編集部

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国一斉休校が続く教育現場。中高生の「受験」にも大きな影響が出たが、実は今、教育の分野では、東京と茨城で大きなインパクトを伴う変化が起きている。「公立」の中高一貫校が増加しているのだ。

 発売中の「文藝春秋」4月号では教育ジャーナリストのおおたとしまささんが、その背景に迫った。

都立中高一貫校はすべて高校募集を停止

 東京都は昨年、新たに5校の高校募集をやめ、すべての都立中高一貫校で高校募集を停止すると発表した。主に2つの理由がある。1つは、高校からの志願状況が1倍を割り込むこともあるなど低調だったこと。もう1つは、高校からの入学者を考慮する必要により中高一貫のカリキュラムを活かしきれないという制約が生じていたこと。

 都立一貫校の難関国立大学(東大・一橋大・東工大・京大・国公立大医学部)の進学割合は、中学から通う内進生が7.6%であるのに対して高校からの外進生は0.8%と、大きな差があったのだ。ちなみに日比谷など都立進学指導重点校7校の難関国立大学進学割合が8.1%であり、都立一貫校内進生はそれと同等の進学実績を出しているといえる。

©iStock.com

 都立中高一貫校の合格実績で過半を占める進学塾「ena」を運営する河端真一学院長は、今回の高校募集停止を次のように評価する。

「良い判断。5校で合計200人近い中学募集枠拡大が予想される。これですこしは需給のバランスが改善して、倍率が落ち着くのではないか」

茨城県も一気に10校を中高一貫校化

 一方の茨城県は、2020年度から22年度にかけての3年間で、一気に10校の県立高校を中高一貫校化する。茨城県にはすでに3校の県立中高一貫校があり、合計で13校となれば、その数は東京を上回る。

 新たに一貫化する学校には水戸第一と土浦第一も含まれる。水戸第一は旧制一中の流れを汲む名門校。土浦第一は近年では東大合格者数で水戸第一のお株を奪う県内トップ校だ。そのほかの8校も各地域のトップ進学校であり、そこに中学から入れることになるのだから、県内の教育熱心な家庭に与えるインパクトは大きい。県の教育委員会によれば今回の判断の背景に、少子化による高校の小規模化が予測される中で教育活動を維持・向上するための手立てを講じる必要があり、かつ既存中高一貫校3校が学業だけでなく課題解決能力の育成などにおいても優れた実績を出していることがあったようだ。

進学塾も対策コースを設置

 茨城の県立中高一貫校に毎年多数の合格者を出している進学塾「茨進(いばしん)」教育本部本部長の青木信行さんがその反響の大きさを語る。

「県が10校の中高一貫校化を発表した直後の2019年4月に開催した入塾説明会には参加者が殺到し、当初1回のみの開催予定が7回転させなければならなくなった。公立中高一貫校対策コースを水戸と土浦の校舎にも設置することにしました」

 茨城県でのトップ校一貫校化が一定の成果を出せば、同様の動きが全国に広まる可能性がある。

 ルポ「公立中高一貫校が作る『受験の新常識』」は「文藝春秋」4月号と「文藝春秋digital」に掲載されている。同記事では、広島叡智学園中学校・高等学校と大宮国際中等教育学校という昨年新設された2つの「国際バカロレア」対応の公立中高一貫校も訪問。最先端の公立中学校でどのような授業が行われているかなども伝えている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年4月号)

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  7. 7

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。