記事

全国初!渋谷区で4月1日からLINEで住民票入手可能に 新型コロナ感染抑止にも期待



 4月1日より、渋谷区はLINEを通して住民票などの公的書類を入手できるサービスを全国に先駆け開始する。

▶動画:全国初!渋谷区で4月1日からLINEで住民票入手可能に



 本サービスはLINEを使って必要な手続きを行うことで、必要書類が住民票に登録された住所に郵送されるといったもの。

(1)LINEの渋谷区公式アカウントのトーク画面から必要な書類を申請
(2)自身の顔の写真を、正面と横顔の2枚送信
(3)運転免許書などの本人証明書を撮影し、送信
(4)手数料などをLINEpayで支払い

 上記の手順で申請することで、従来の「郵送請求」よりも便利で早く届くそうだ。

 また、今回のシステムにはAIによる本人確認システムを導入しており、撮影した自身の写真と本人証明書の写真の照合はAIが自動的に行う。渋谷区の広報担当は「渋谷区ではスマホファーストを意識した取り組みを推進中」とした上で、「AIが一時的な判定をした状態で職員が作業に着手できるため、負担の削減につながり業務の効率化が期待できる」と、コメント。さらに、新型コロナウイルス感染が拡大する中、対面でのやりとりが不要である本サービスを利用することで、来庁者が抑制され窓口での集団感染のリスクが低減することにも期待を込めている。



 全国初となるこのサービスに、キャスターを務めるフリーアナウンサーの柴田阿弥は「様々良いメリットがありますね。新しい挑戦をする渋谷区の取り組みは素晴らしいですよね」と評価。続けて、コメンテーターのBuzzFeed Japan記者・神庭亮介氏も「これ(全国に)広がってほしいですよね。郵便の再配達もLINEなどでやりとりしてすぐできるようになっていますが、住民票もできたらとても楽ですね」と、コメントした。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶動画:全国初!渋谷区で4月1日からLINEで住民票入手可能に

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。