記事

公園は閉鎖、スーパーは入場制限? ロックダウンで何が起こるか 「自己中心的な行動をするな! 家にいて命を守れ」と市長は一喝 - 飯塚 真紀子

1/2

 今朝もまた、救急車のサイレンの音で目覚めた。

 1週間ほど前から、この音を頻繁に耳にするようになっている。その度に思う。近くでまた新型コロナウイルスの感染者が出たのか。救急車で運ばれるとは、重症に違いない。1人想像しながら、恐怖感に襲われている。次は我が身か。

 私は、ロックダウンされているカリフォルニア州ロサンゼルスのビーチタウン、サンタモニカに住んでいる。古い女で恐縮であるが、桜田淳子の「来て来て、来て来て、サンタモニカ~」のあのサンタモニカである。この歌詞とは裏腹、今、ここには、「来るな来るな、サンタモニカ~」の空気が漂っている。

 ロックダウン、つまり、外出禁止令が出された直後、サンタモニカには多くのアンジェリーノ(ロサンゼルスの人々)が押しかけたからだ。

外出禁止令後に道路脇の芝生で運動する人々 ©Getty Images

ロックダウンでもできること・できないこと

 もっとも、外出禁止令とは言っても、まだできることは様々ある。

 食料品や薬など生活必需品の買い出しや、病院やクリニックでの受診や治療など生活に不可欠な行動を取ることはできる。ケアをするためなら友人や親族を訪問することも可能だ。銀行などの金融機関にも行ける。乗客の減少から間引き運転されてはいるがバスや電車など公共交通機関の利用もできるし、車での移動も可能だ。

 レストラン内での飲食は禁止になったが、レストランのフードのテイクアウトはできるし、デリバリーを注文することもできる。他の人と6フィート(1.8メートル)の社会的距離をあけている限りは、屋外での散歩、ジョギング、サイクリング、ワークアウトなどの活動もできる。

 反対にできないのは、市民生活を支えるのに不可欠な仕事(インフラ整備や医療関係など)以外の仕事に行くこと、緊急性のない友人や親族宅への訪問、病院や介護施設などへの訪問、他都市への必要のない訪問、ビーチで群れること、グループで行うスポーツをすること、グループで行う野外活動に参加することなどだ。

「それでも自由を謳歌したい」市民と政府のモグラ叩き

 しかし、外出禁止令が出ても、ワークアウト大好きで、アクティブなアンジェリーノは1日中、家に閉じこもってなどいられなかった。サンタモニカのビーチには多くのアンジェリーノが集まって来たのである。結果、ビーチでは「6フィートの社会的距離」が取れない状況が生じてしまった。同じ状況は、登山用の遊歩道でも生じた。

 ロサンゼルス市長は「自己中心的な行動をするな! 家にいて命を守れ」と市民を一喝、ビーチと遊歩道はあっという間に閉鎖されてしまった。

 しかし、それでも、アンジェリーノは青い空と強い日差しを求めた。アンジェリーノの足は、今度は、海のそばの公園へと向かった。私もよく散歩している公園で、外出禁止令後も、運動不足にならぬよう、時々、散歩していた。

 普段は空いている公園なのだが、子供を遊ばせに来た親たちや、散歩やエクササイズをしたりするアンジェリーノで、連日、賑わうようになった。

 だからだろう、その公園も、数日前に閉鎖されてしまった。それでも、無視して、中に入る人々がいるため、ポリスは「公園は今閉鎖されています」というアナウンスをして、公園にいる人々を追い出しにかかった。

 しかし、公園から追い出されたアンジェリーノはそれにもめげることはなかった。彼らが次に向かった先、それは、車が行き交う大道路脇にある狭い芝生だ。先週末は、そんな芝生の上でピクニックしたり、エクササイズしたりする人々の姿が見られた。

 私が住むアパートの前庭でも、住民がラグを広げて友人たちとワイングラスを傾けていた。新型コロナの陰鬱なニュースが流れる閉塞感に満ちた毎日、アンジェリーノは少しでも自由を謳歌しようと躍起になっているのだ。

ロサンゼルスでマスクをかける抵抗感

 外出禁止令が出された後、家に籠っていた私にとっては、スーパーに食料品の買い出しに行くことが待ちに待った外出の機会となってしまった。のんきなアンジェリーノたちとは裏腹に、私はそんな買い出しにも、恐怖感を覚えるようになっている。

 毎朝ジョンズ・ホプキンス大学が出している感染者数や死者数の集計をチェックしているのだが、アメリカでその数が急増している状況を目にする度、私の中で感染に対する「恐怖指数」が高まっているからだ。サンタモニカも、米国時間3月30日現在までに、47人の感染者が確認されている。

 それでも、買い出しに行かないことには食べて行けない。私は日本から持ち帰ったマスクを最近になってやっと使い始めた。

 実は、3月初めに日本から帰米してから、長い間マスクを使えずにいた。マスクを身につけている人は皆無といっていいロサンゼルスで、1人、身につける勇気がなかったのだ。

 しかし、流石に、そうも言ってはおれなくなった。こう感染者が増え始めると、気持ちはサバイバル・モードだ。感染症の専門家たちが次々と発表する米国の推定死亡者数の多さも、私に脅しをかけてきた。その数最大48万人、嘘でしょ~??? 私は、スーパーの駐車場で、車から降りる前に、マスクを身につけるようになった。

 しかし、マスクをしていると、マスクをしていないアメリカ人から向けられる視線がどうしても気になる。どこか差別的な視線を向けられているように感じるのは、私が被差別意識を感じているからなのか?

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    なぜ朝日新聞は誤報を繰り返すか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。