記事

「特定抗争指定」と「コロナ」でヤクザ業界にも在宅勤務の波

コロナ自粛で夜の街も閑散

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回はコロナ自粛の広がる中で、ヤクザ業界の今をレポートする。

 * * *
「暇っすよ暇! おまけにコロナで、やることないですって」

 そう話す六代目山口組関係者の表情は、いかにも退屈そうだった。

「抗争が激しくなってきた時は、バンバン電話やラインがきたけど、今はどこも何も動いてないから情報もない。最近は連絡も週に1回ぐらい。『気をつけてくださいね〜』って言われて、『何に気をつけるの? コロナ? 抗争? どっち?』って聞いちゃいましたよ」

 軽口が出てしまうぐらい業界では動きがないらしい。

「“特定”がかかってからは、本部や大阪に行くこともないので本当に暇!」

“特定”とは「特定抗争指定暴力団」のこと。昨年から六代目山口組と神戸山口組の間では抗争が激化していた。報復が報復を呼んで相次ぐ銃撃事件が起こり、兵庫や大阪、愛知、岐阜など6府県の公安委員会は1月7日、この2つの組織を「特定抗争指定暴力団」に指定した。抗争に絡む本部や組事務所、幹部宅がある6府県10都市が警戒区域に指定され、事務所の使用は制限された。

 組事務所が使えなくなると、傘下組織の組員が本部や大阪に交代で常駐し警備や警戒をしていた“当番”がなくなった。彼らも今や“在宅勤務”なのだ。

「当番がないのは楽といえば楽ですけど…なんだかね」

 言葉を濁しながらラインに送られてきた写真を見せてくれた。

 大きな組事務所の前には、赤枠で囲まれた張り紙が貼られ、そこには「この事務所に立ち入り、またはとどまることは禁止」と赤い大文字が書かれている。

「見てよ、これ。閑散としてまるでシャッター商店街。うちの組も同じだけど」

「年末に挨拶に行ったのが最後。今はヘタに集まると捕まるし」

 特定抗争指定では、組員がおおむね5人以上集まると即逮捕となる。

「5人以上で集まるな!という通達が流れんだが、大阪ミナミの喫茶店で、4人なのに任意同行され調書を取られているんでね。4人でも行動するなという通達が出た」

 大阪府警は指定した翌日の1月8日、ミナミの喫茶店で席にいた組員3人と店近くに停めた車内にいた組員1人に任意同行を求めたのだ。

 他にも新幹線や飛行機に乗る時も申告、飲食店で組員らしき者がいたら入らない、公共施設でのケンカやもめごとなどは一切禁止。末端の組員までそれを通達するようにと指示があり、親戚関係の他団体とは日頃から仲良くして、もめることがないようにという通達も流れてきているという。

「ろくにお茶も飲めないよ。どこも誰も集まらないから、警察もこっちの動きが何も把握できないだろうけどね。若いのには絶対にもめるな、あちこち出歩くなと。特に巣鴨にはお前ら、絶対に行くな! お前らは平気でも、お年寄りにコロナうつしたら迷惑がかかるからなと言い聞かせてますよ」

 経営しているキャバクラも客が激減。夜の盛り場からサラリーマンの姿が消え、キャストの女の子たちも暇を持て余し、いつもなら男女の熱気に包まれる店内も、今は冷え冷えしているという。

「あまりに暇だからさ、コロナにコロナで打ち勝とう!というキャンペーンでもやろうか思っている」

 景気付けにコロナビールを大量に仕入れ、来た客にサービスすることも考えているらしい。

「マスクやトイレットペーパーは、この業界だからね、誰かしら持っているし、誰かが調達してくる。まず困らないね。女の子たちには、必要なら持って帰っていいよと言ってある。先日はマスクを1000枚仕入れて、欲しいという人にタダで50枚ずつ配ってやった。こんな時に転売とか細かな商売しているやつはダメ、評判を落とすだけだ」

 生き馬の目を抜くように、人を騙しても稼ぐのがヤクザと思いがちだが、義理や人情、評判を大事にするのもヤクザなのだ。

「世の中、どこも神経質になってるけどさ、コロナなんて関係ないって若者は大勢いる」

 見せてくれたのは、夜の横浜大黒埠頭パーキングの写真。その1枚には停泊中だった、あのダイヤモンド・プリンセス号が写っている。なのに夜の駐車場は、大型連休初日のパーキングエリアのごとく何百台という車で埋め尽くされていた。そこかしこで集まった車が互いにライトをピカピカさせ、その脇で若者たちがたむろしている様子がわかる。走行しているわけではないので、警察も取り締まりはできないという。

「あの感染拡大した船のそばだよ。なのにマスク姿はまずいない。コロナに無関心なのか、自粛なんてクソくらえって感じなのか…。バカは俺たちだけじゃなく、大黒埠頭はもっとバカだらけ」

 特定抗争指定とコロナの自粛要請で動きが取れない暴力団関係者にとっては、無軌道な若者たちの熱気や活気も魅力的にうつるらしい。

「バカな若いやつらがこんなにいると思うと、日本もまだまだ大丈夫かなって元気が出るね」

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  8. 8

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。