記事

テレビのニュース番組がどれも同じに見える理由

毎日流れるテレビのニュース。NHKから民放まで6系列の局が、朝、夕方、夜とニュース番組を持っている。1時間以上の主なものだけでも、1日20近くのニュース番組があるはず。だが、どの局の番組もほとんど違いがないように思いませんか。毎週のニュース系週刊誌がそれぞれ特色を出しているのとは、かなり異なります。テレビのニュース番組がどれも同じようになってしまうのは、偶然ではありません。実は必然ともいえるのです。テレビのニュース番組の作り方そのものに起因する、構造的な原因です。

理由1 ニュースの入手源が同じ



通常のニュースの情報源は各社、同じ。言わずと知れた記者クラブだ。記者クラブの所属記者は同じキーマンにあたり、同じ記者会見に出ている。だから、情報が同じようになるのは当たり前なのだ。もちろん、同じ人間に取材しても記者の能力の違いはある。だが放送内容には、実はそれほど反映しない。

その理由はテレビで伝えられる文字数は少ないから。テレビのニュース原稿の場合、1分間に約400字。テレビのニュースは1本当たり、1分から1分半に収まるものがほとんど。つまり、字数にして400〜600字。この字数だと、内容の骨子を書くだけで終わってしまう。よほどのスクープであれば別だが、普通のニュースの取材の深さなど、なかなか入れ込めないのだ。頑張って何とか反映させたとしても、ニュースの入手源は同じなので、違いはニュース業界の内輪だけにわかるような微妙な書き分け方になってしまう。「逮捕間近」、「逮捕秒読み」、「きょうにも逮捕」。ニュース業界では明確に違うのだが、視聴者には大した違いなんてない。だが各社、情報のソースが同じなので、こんなどーでもいい原稿の書き分け方ができるかを取材の深さということで、仲間内で競ってしまうことになる。

理由2 ニュースの判断基準が同じ



どのニュースを取り上げるか。ニュース番組で扱うとしたらどれくらいのウェートで扱うか。決める基準は2つしかない。ひとつは「ニュースとしての意義」。もうひとつは視聴率だ。「社会的な意義」なんて誰が決められるのかと思われそうだが、決めるのはその日のニュース番組の担当責任者だ。担当者は自分の判断基準をもとに決める。だが、自分の思い込みだけで決めるほど腹の据わっている担当なんていない。だから、当日の新聞朝刊を見て、最終的に決めることになる。日経は特殊なので置いておいて、朝日、読売、毎日を見比べて、誰が見ても納得しそうなところを落とし所にする。

もうひとつの基準が視聴率だ。視聴率を獲れるニュースというのは、ほぼ決まっている。身近であること、わかりやすいこと、だ。身近であるというのは、年金だったり消費税だったり、自分の生活に直結しそうな内容ということ。わかりやすいというのは、誰にでもわかるということ。誰にでも、だ。1億3000万の日本の人口のうち、9000万人くらいが理解できるというくらいが「誰にでも」のレベル。かくして、中東問題はニュースから消え去り、沢尻エリカ、事業仕分け、お盆の渋滞情報がトップに並ぶことになる。

理由3 ニュースの見せ方が同じ



同じ情報源から仕入れたニュースを、同じような判断基準で選ぶ。そしてまた、伝え方も同じようになってしまう。視聴率とは身近であること、わかりやすいこと、と書いた。選び方だけではなく伝え方もまた、2つの法則に沿うようになる。

身近さとわかりやすさの罪は深い。表現はいつも同じパターンになるのだ。政治家がおかしなことをやっているようなら、必ずテレビ画面では「身近な」新橋のサラリーマンが怒りの声を上げる。産業分野では毎年何隻もの「黒船」が押し寄せる。そして本当は複雑な問題も、身近で庶民的な「ニュースキャスター」の思いっきりわかりやすい言葉で一刀両断されて終わる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  4. 4

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  5. 5

    HUAWEI 米制裁で予想以上の打撃

    ロイター

  6. 6

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  7. 7

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  8. 8

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  9. 9

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  10. 10

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。