記事

新型コロナ対策で市中国債増発へ、16兆円規模で調整=政府筋


[東京 30日 ロイター] - 財務省は、新型コロナ対策に伴う2020年度1次補正予算編成や財政投融資計画の追加に併せ、7月からカレンダーベース市中発行額を増額する調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。

当初計画からの増額幅は16兆円規模と、リーマン危機後の2009年4月に上乗せした16.9兆円に迫る可能性がある。

年限別では40年債と物価連動債、流動性供給を除くすべての銘柄が増発対象となる見通しで、6カ月物の国庫短期証券を発行する案も浮上している。近く銀行や証券会社21社からなる国債市場特別参加者と協議し、具体策を詰める。来月7日に正式決定して発表する。

20年度は市中ベースで128.8兆円の発行を予定していた。今回の見直しで市中総額は145兆余円となり、16年度以来4年ぶりの発行規模となる。

(山口貴也)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。