記事

「だいじょうぶだぁ」と叫んでほしかった  志村けんさんのこと 


お別れはいつも突然やってきて、すぐにすんでしまう。志村けんさんがなくなった。コロナ感染にも驚いたが、あまりに早い死に驚愕している。

生まれて初めて好きになったエンターテイナーがザ・ドリフターズであり。中でも、志村けんが好きだった。「8時だョ! 全員集合」が好きすぎて。幼い頃は土曜にお出かけするたびに「8時には家につくのか?」と母親に問いただした。渋滞して間に合わなかったときにはひたすら泣き叫んだ。

その後の志村けんはちゃんと追っていたわけではない。ただ、熱心なファンでなくても、いつもテレビの向こうにあなたがいて。何かこう安心できた。

バカに徹しているようで、繊細さとか、緻密さとか、厳しさとか、優しさが垣間見られ。プロを感じたエンターテイナーでもある。バカ殿ではなく、天才宰相ではないかと感じることもあった。

80年代後半だったか。『BURRN!』にもインタビューが載ったことがあり。いかに音楽が好きか、しかもかなりマジなリスナーであるかが伝わってきた。ザ・ドリフターズに加入したのも、もともと音楽をやる集団だったからという話をどこかで読んだ気がする。

最後まで仕事の鬼であり、プロであると私は勝手に感じていた。病気を克服して「だいじょうぶだぁ」と叫んでほしかった。

ありがとう、志村けん。

人類はコロナと向き合い、この困難を乗り越えることを祈っていて欲しい。そのとき、私たちは天のあなたに向かってこう叫ぶだろう。

「だいじょうぶだぁ」と。

合掌。

あわせて読みたい

「志村けん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。