記事

「だいじょうぶだぁ」と叫んでほしかった  志村けんさんのこと 


お別れはいつも突然やってきて、すぐにすんでしまう。志村けんさんがなくなった。コロナ感染にも驚いたが、あまりに早い死に驚愕している。

生まれて初めて好きになったエンターテイナーがザ・ドリフターズであり。中でも、志村けんが好きだった。「8時だョ! 全員集合」が好きすぎて。幼い頃は土曜にお出かけするたびに「8時には家につくのか?」と母親に問いただした。渋滞して間に合わなかったときにはひたすら泣き叫んだ。

その後の志村けんはちゃんと追っていたわけではない。ただ、熱心なファンでなくても、いつもテレビの向こうにあなたがいて。何かこう安心できた。

バカに徹しているようで、繊細さとか、緻密さとか、厳しさとか、優しさが垣間見られ。プロを感じたエンターテイナーでもある。バカ殿ではなく、天才宰相ではないかと感じることもあった。

80年代後半だったか。『BURRN!』にもインタビューが載ったことがあり。いかに音楽が好きか、しかもかなりマジなリスナーであるかが伝わってきた。ザ・ドリフターズに加入したのも、もともと音楽をやる集団だったからという話をどこかで読んだ気がする。

最後まで仕事の鬼であり、プロであると私は勝手に感じていた。病気を克服して「だいじょうぶだぁ」と叫んでほしかった。

ありがとう、志村けん。

人類はコロナと向き合い、この困難を乗り越えることを祈っていて欲しい。そのとき、私たちは天のあなたに向かってこう叫ぶだろう。

「だいじょうぶだぁ」と。

合掌。

あわせて読みたい

「志村けん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  2. 2

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  4. 4

    訪日外国人客と踊った店主たち

    ヒロ

  5. 5

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

  6. 6

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    宣言解除なら東京はステップ1へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    自浄能力? 支持低下の内閣に注目

    早川忠孝

  10. 10

    同調圧力に依存する日本を危惧

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。