記事

スマートスピーカーで子どもが知らぬ間に大量の買い物をしたらどうなるか? - 司法書士(及川修平)

1/2
少し前の話になるが、まだ字も書けない幼い子供が、アマゾンの音声アシスタント「アレクサ」にクリスマスプレゼントをお願いし、突然たくさんのおもちゃが送られてくるトラブルがアメリカで発生したという。(2019/12/24放送 テレビ東京系列「Newsモーニングサテライト」)

番組では、プレゼントが大量に送られた様子をSNSにアップした場面が映し出され、現代ならではのちょっとほほえましい様子として伝えられていた。しかし、実際にこのような場面に遭遇したら途方に暮れてしまうだろう。子供がいる家庭では確認コードによる認証を設定するなど、トラブル防止を呼び掛けていると紹介されていた。

日本では子供がスマートスピーカーにクリスマスプレゼントをおねだりしたという話は聞いたことがない。しかし、スマートスピーカーがより普及し、それを通して買い物する機会が増えてきたら、十分起こりえる話だ。そしてスマートスピーカーに限らず、未成年者がネット上の買い物や課金を誤って行った場合、法的にはどうなるのだろう? 今回はそれを考えてみたい。

■未成年者が誤って行った注文は取り消しできる?


子供が知らない間にネット通販等で大量の注文をしてしまったとしても、未成年者がやったことであれば取り消しができるのではないかと考える人は多いだろう。確かに法律上、未成年者が親権者の同意を得ずに行った契約は取り消すことができるとされている。しかし、話はそう単純に終わらないこともある。

子供が知らない間に親のスマートフォンでゲームをして、多額の課金をしてしまった……というトラブルはよくある話だ。

このようなケースで、子供が勝手にやったことだからとすんなり取り消しができるかと思いきや、取り消しの可否をめぐってトラブルとなることがある。例えば子供が自分の年齢を偽っていたときだ。

あわせて読みたい

「スマートスピーカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  3. 3

    トランプ氏 SNSサイト閉鎖を示唆

    ロイター

  4. 4

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

  5. 5

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  6. 6

    カイロ大卒は嘘 小池氏巡り証言

    文春オンライン

  7. 7

    宇都宮候補「五輪は中止すべき」

    田中龍作

  8. 8

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。