記事

平成24年8月10日

一貫した姿勢

 昨日、衆議院本会議で、みんなの党や共産党などの野党が提出した内閣不信任案の採決がありました。
 自民党では棄権のため退席するという議院運営委員会からの指示がありましたが、私はあえて出席して賛成しました。

 この欄で、郵政改革関連法案について、あるいは税と社会保障一体改革関連法案について、常に私の取ってきた立場は「きちんと議論は尽くさせてもらう。そのかわり出た結論には、個人的な思いはどうあれ従う。」というものです。そしてそれは実は今回の案件についても何ら変わっていません。

 前回のこの欄に書いたとおり、私は小泉進次郎党青年局長はじめ有志とともに、民主党が三党合意の前提となるバラまきマニフェストの(少なくとも)凍結を一向に認めようとせず、しかも身内の造反を恐れて、既に採決に熟した税と社会保障一体改革法案を先延ばししようと画策していたことなどから、もはや三党合意の前提となる事実や信頼関係が崩れており、たとえ法案の成立が犠牲になっても合意を破棄して今国会中に政権を解散に追い込むべきだ、という趣旨の申し入れを谷垣総裁に対して8月1日に行っていました。谷垣総裁はこれに対し、重く受け止めるとお答えになったのです。

 その後、野田総理が、自民党がこれまで一貫して求めてきた「三党合意が成立したら速やかに解散すべきだ」という姿勢を真っ向から否定するかのように来年度予算編成に意欲を示したと伝えられた際「俺にケンカを売っているのか」と不快感をあらわにしたということで、もはや民主党サイドが採決を前倒しに持って行っても早期解散の確約がない限り、谷垣総裁は三党合意に関わらず採決を拒絶する強硬姿勢を取って下さるものと信じていました。
 現に一昨日の午前中、与党側が「法案を成立させたら近い将来に解散する」というあいまいな表現を蹴って、譲歩がなければ他の野党と別個の自民党の内閣不信任案を提出するという最後通告をしたと聞き、全力でこの姿勢を支持しようと思ったのです。

 その午後実はシャドーキャビネットが開催されました。もしそこに谷垣総裁が来られ、そこでこの方針について議論がなされ、そして違う意見が結論となれば私はそれに従ったでしょう。しかし谷垣総裁はシャドーキャビネットを欠席され、上記方針で交渉に当たられました。

 ちなみに上記8月1日の有志申し入れに対し、実に36都道府県連66名の局長・部長からこれを断固として支持するという書面が届き、これを小泉青年局長や私たちは大島副総裁・石原幹事長に手渡しました。彼らの思いはおそらく多くの自民党の同志の思いだったはずです。

 しかし突如、与党側から示された「近いうちに解散する」なる文言の微修正に応じ、谷垣総裁は野田総理とトップ会談に応じ、自民党独自の内閣不信任案提出を取り下げてしまうのです。しかも他の野党提出の内閣不信任案に対しては欠席をするという方針は、昨日急きょ決められ、党の両議員総会及び代議士会(採決直前30分)まで議論を尽くす機会もありませんでした。

 一般国民から「なぜ『近い将来』はダメで『近いうちに』ならいいのか」と尋ねられたら、私はそれに対して回答できません。また、不信任案に対して賛成でなく棄権をする方針についても、「解散より法案重視」という意図や、「他の野党提出の不信任案はマニフェストにない増税を理由としているからこれに賛成すると三党合意を進めてきた自民党の方針がおかしくなる」という理屈はわからないでもないですが、結果として政権の延命に中途半端に手を貸すこととなり、どうしても納得しかねます。また、谷垣総裁が早期解散を求めてきたのはやはりマニフェスト違反が根本の理由ではなかったのでしょうか。
 こうした疑問に対し、谷垣総裁からどういう説明があるのかと思っていたのですが「法案の成立後速やかに政権を終わらせる」という断固とした決意の表明はあったものの、全く理由ある説明がありませんでした。

 もちろん、満足な議論がなかったから私の冒頭書いたポリシーからも正当化されるとは言いながらも、党の決めたことに反することには逡巡もありました。清和研の何人かの方々から「早まるな」と説得を受けたのも事実です。しかし苦しいながらもここで自分の筋を曲げることはできませんでした。是非ご理解賜るようお願い申し上げます。そしてこれからも、筋を貫いた行動を取っていくことをお誓い致します。

あわせて読みたい

「野田首相の衆院解散確約」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  4. 4

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  5. 5

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  8. 8

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  9. 9

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  10. 10

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。